自動車向け接着剤およびシーラント市場、車体軽量化への自動車産業の革新的取り組みが成長を後押し

自動車向け接着剤およびシーラント市場は、2020年から2025年の予測期間中に4%超のCAGRで推移すると予測されています。主な市場成長促進因子に、低揮発性有機炭素(VOC)粘着テープの使用を促進している厳しい環境規制が挙げられます。しかしながら、自動車産業の衰退は、市場の成長阻害因子になると予想されます。ポリウレタンセグメントは市場を支配し、予測期間中、大幅に成長する可能性があります。自動車軽量化に向けた自動車産業の革新的取り組みが当セグメントの成長を後押ししています。

セグメント別予測:ポリウレタンが市場を支配

ポリウレタンは、自動車用接着剤やシーラントの製造に最も広く使用されている樹脂です。ポリウレタンは熱硬化性ポリマーであり、加熱しても溶けません。ポリウレタンポリマーは、イソシアネートとポリオールの反応によって形成されます。ポリウレタン接着剤は、非常に強い接着力を持ち、最も広く使用されている接着剤です。熱、湿気、および化学薬品に対する優れた耐性に加え、柔軟性と耐久性があり、衝撃への耐性にも優れています。接着剤およびシーラントは、自動車産業から高い需要があります。高温耐久性、卓越した接着強度、耐久性などの特性から、自動車向け用途に適しています。

地域別予測:アジア太平洋地域が市場を支配

アジア太平洋地域が市場を支配しています。同地域では、中国が接着剤およびシーラントにおける最大の市場であり、今後数年間は経済の鈍化の影響を受けることなくシェアを維持すると予想されます。しかしながら、アジア太平洋地域は自動車産業最大の市場であるにもかかわらず、最近では衰退が見られ、接着剤およびシーラントの需要に影響を与えています。アジア太平洋では自動車産業が衰退していますが、依然として自動車向け接着剤およびシーラントが最も消費されている地域です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]