空気分離装置市場、代替エネルギー源の取り込み増加が市場の成長を促進

市場概況

空気分離装置の市場は、2020年から2025年の予測期間中に約3.14%%のCAGRで成長すると予想されています。大規模ガス化プラントや酸素系ガス液化、石炭液化、石炭化学薬品化プラント、鉄鋼およびプロセス産業の成長に拍車をかけた産業ガスの需要増加など、代替エネルギー源の取り込みの増加が市場の成長促進因子として考えられています。しかし、高純度の工業用ガスを供給するためのコストは依然として高いため、費用対効果の高いソリューションとして、企業は圧力スイング吸着(PSA)などの代替空気分離技術にシフトしています。

主な市場動向

鉄鋼業が市場を支配

  • 製鉄業界は、最も多くの工業用ガスを消費しています。工業用ガスは鉄鋼製造プロセスに不可欠であり、鉄鋼メーカーはガスの供給を保証するために製造プラントに空気分離装置を必要としています。酸素、窒素、アルゴンは、鉄鋼業界でさまざまな用途があります。
  • 2011年から2016年の間に、鉄鋼価格は一貫して下落しました。価格の下落は、鋼の需要の増加の鈍化と鋼の過剰生産に起因します。鉄鋼の消費量は2016年から-17年の間に2.7%増加し、鉄鋼価格もプラスの勢いを増しました。
  • 予測期間中、中国を除く発展途上国は鉄鋼需要の成長をリードすると予想されています。インドは鉄鋼需要の最大のドライバーになると見込まれています。
  • EU加盟国や米国などの先進国は、予測期間中に安定した成長を記録し、鉄鋼の需要を促進すると予想されます。
  • 鉄鋼業界は工業用ガス最大の消費者であるため、空気分離装置市場の成長はこの業界の成長に大きく依存しています。

アジア太平洋が市場需要を牽引

  • アジア太平洋地域は、空気分離装置市場の最大のシェアを占めており、予測期間中もその優位性を継続すると予想されます。
  • 中国は、国内の大規模な電子機器製造(太陽光PV発電用など)の成長、精製能力および石油化学生産量の増加、ヘルスケア支出の増加により、アジア太平洋地域で市場をリードし、産業ガスの需要を大幅に増加させると予想されます。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]