日本の家電市場、テレワークにより需要増

市場概要

日本は家電製品の主要市場の1つです。経済状況の改善と可処分所得の増加が、日本における家電製品市場の成長を促す主な要因となっています。

可処分所得の増加には、ライフスタイルの改善と消費者の購買力の向上が大きな影響を与えています。可処分所得の高い消費者の多くが、プレミアム家電やスマート家電を含む家電製品に支出を行っています。

技術先進国の増加、急速な都市化、住宅産業の成長、一人当たり所得の増加、生活水準の向上、家庭の快適性に対するニーズの高まり、消費者のライフスタイルの変化、小規模世帯の増加などは、日本の家電市場の成長を促す主な要因の一部です。

COVID-19は、渡航制限や検疫、経済への大きなダメージを通じて、世界レベルで影響を与え続けています。

流行状況に直面した場合、多くの国が共通の問題に直面することになりますが、日本も例外ではありません。

日本の伝統的なビジネス文化では、在宅勤務はあまり受け入れられませんでした。COVID-19によって、多くの人が初めて自宅で仕事をするようになった結果、家電製品の需要も増加しました。COVID-19によって家事の負担が増え、時間を節約できる家電製品が好まれるようになり、全自動洗濯機、乾燥機、全自動食器洗い機などが求められています。

主な市場動向

スマートアプライアンスが市場を牽引

日本のスマート家電市場は急成長しています。可処分所得の高い多くの消費者が、プレミアム家電やスマート家電を含む家庭用電化製品に支出するようになりました。家電製品はマイクロコントローラーで制御されているため、既にスマート化されていますが、インターネットに接続することでさらにスマート化されます。スマート家電は、電力を効率的かつ生産的に使用するために、サービスオペレーターに直接情報を伝えることができるように設計されています。これらの家電は、エネルギー使用量を測定し、制御することができるため、インテリジェント家電とも呼ばれます。IoT(モノのインターネット)は市場の新たなトレンドであり、スマート家電はIoTのサブセットと言えるでしょう。IoTは、デジタル技術とワイヤレス技術を家庭用または台所用電化製品に統合するのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]