3Dバイオプリンティングの市場規模、2025年までに19億4,994万ドル到達見込み

市場概況

3Dバイオプリンティング市場は、2019年に5億8,613万米ドルに達し、2020年から2025年の間にCAGR21.91%で推移し、2025年までに19億4,994万ドルに到達すると予測されています。ヘルスケアおよび製薬業界における画期的な進歩により、世界の3Dバイオプリンティング市場は成長が見込まれています。

主な市場動向

薬物検査が主要シェアを占める

3Dバイオプリンターは、薬物試験や臨床試験アプリケーションにとって最も重要であり、動物実験の必要性を大幅に削減することが期待されています。これにより、倫理的に有益であるだけでなく、費用対効果も高くなると見込まれています。

これまで新薬開発のための臨床試験は、人工的に影響を受けた組織を持つ動物によるテストを含みました。3Dバイオプリンティングの出現により、医薬品開発者はより短期間で新薬の合併症を特定するなど、臨床試験にまつわる諸々の問題に効率的に対処できるようになります。

米国食品医薬品局当局は、医薬品の安全性と有効性の評価のための3Dバイオプリンティングを代替策として統合することをすでに検討し始めており、参入企業にとって市場機会を提供しています。Organovo(米国)などの企業は、創薬アプリケーション用の肝臓と腎臓の組織を開発できる3Dバイオプリンターの開発に貢献しました。

アジア太平洋地域で急速な成長

アジア太平洋地域は、最も成長を遂げている3Dバイオプリンティング市場です。これは、主に同産業を推進する強力な既存の消費者基盤によるものです。医療サービスにおける3Dプリンティングの幅広い応用、3Dプリンティングの研究開発の増加、政府のサポートと税制上の優遇措置などを背景としています。

中国の研究者たちは、Liquid-in-liquid印刷法などの3Dバイオプリンティング技術を急速に進歩させてきました。この方法では、液体ポリマーが接触する場所で安定した膜が作成できます。その結果、液体構造でありながら、融合し始める前に10日間一定の形状を保持することができます。この新しい技術により、複雑な形状の印刷が可能になりました。これは、ライブセルを含む複雑な3Dプリントされた組織を印刷するための道筋へつながるでしょう。

日本政府は、2030年までに再生医療産業が1兆円に成長すると推定しており、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、3Dバイオプリンティングなどの新興革新技術が近い将来に市場をリードすると予測しています 。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]