クロマトグラフィー樹脂市場、2025年までCAGR7%超で成長見込み

クロマトグラフィー樹脂市場は、2020年から2025年までの予測期間中に7%超のCAGRで推移すると予測されています。製薬部門からの需要の増加とクロマトグラフィー樹脂の技術面の進歩が同市場の成長促進因子に挙げられます。

クロマトグラフィー樹脂は、医薬品部門において、化学薬品や生体分子の分離、ドラッグデリバリー向けタンパク質精製、診断など、医薬品製造のさまざまな過程で使用されています。クロマトグラフィー樹脂の需要は、モノクローナル抗体の生産増加と政府のインセンティブにより、今後高まると予想されています。

世界中で深刻な疾患が増加しており、これに呼応する形で抗体生産が増加しています。世界保健機関(WHO)によると、年間約4,000万人が非伝染性疾患(NCD)で亡くなり、そのうち81%は循環器疾患(CVD)、癌、呼吸器疾患、糖尿病が原因とされています。NCDによる死亡率は2025年までに17%増加すると予想されています。

米国疾病対策センターによると、成人の糖尿病または前糖尿病罹患者数は過去5年間で倍増しており、1億人を超えました。さらに、疾病管理予防センター(CDC)によると、蚊、ダニ、ノミの咬傷による病気が3倍になり、ベクター媒介性疾患が新たに9例発見されています。

アジア太平洋地域諸国の政府は、医薬品の研究開発だけでなく、医薬品の需要を高める計画も推進しており、クロマトグラフィー樹脂市場の成長促進因子となる可能性があります。中国国家自然科学財団は、結核治療薬の革新、ワクチン研究、構造ベースのHIVワクチン設計に焦点を当てた4つのプロジェクトに資金提供を行いました。インドでは、最新の予算案で、政府がさまざまな医療制度や医療向けの提言を発表しました。これにより、医薬品の需要が増加し、市場の成長を牽引すると見込まれます。これらの要因により、クロマトグラフィー樹脂の市場は予測期間中に成長すると予想されます。

クロマトグラフィー樹脂市場の主要企業はThermo Fisher Scientific、General Electric、Merck KGaA、Dupont、三菱ケミカルです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]