3D細胞培養市場、新規がん治療薬の開発が成長を促進

市場概況

3D細胞培養市場は、生体内(in vivo)試験の代替ツールとして3D細胞培養モデルの使用、自動化された大規模細胞培養システムの開発、臓器移植の必要性の高まりなどの要因により、安定した成長を見せています。2D単層細胞培養は、細胞ベースのスクリーニングで採用され、新薬候補を発見するための効果的な手段と見なされていました。しかし、2D細胞培養には、組織固有のアーキテクチャーの喪失、機械的および生化学的合図、細胞間および細胞とマトリックスの相互作用などの制限があるため、特定の疾患の薬物反応を予測するためのモデルが比較的脆弱になります。3D細胞培養および共培養モデルは、従来の2D細胞培養よりもin vivoのような状況で薬物の安全性と有効性の評価を可能にするだけでなく、人間のシステムで直接薬物検査を許可することにより、前臨床の結果の解釈に制限をもたらす種の違いを排除するという点で有効です。3D細胞培養は2D細胞培養よりも好まれます。その理由は、細胞がin vivoでの成長と同様に、in vitro(体外)ですべての方向に細胞を増殖できるためです。3D細胞培養の利点により、研究者や医薬品開発者に利益をもたらしました。これらの要因により、市場は予測期間にわたって急速な成長が期待されます。

主な市場動向

創薬セグメントで最速の成長率が期待

アプリケーション別では、創薬、組織工学、臨床アプリケーション、およびその他のアプリケーションに分類されています。従来、創薬は動物モデルを用いて行われてきました。しかし、過去20年間に合成もしくは発見された薬物分子の増大により、ハイスループットスクリーニングの成長が見られます。その結果、創薬は時間とリソースを消費するプロセスになりました。さらに、動物実験は倫理的な論争の対象となります。 したがって、薬物検査と創薬プロセスの代替方法に対する需要の高まりが勢いを増しています。

創薬における3D細胞培養の特定用途は、臓器チップ (Organ-On-Chip) です。特定の細胞タイプ、定義されたバイオメカニズム、または正確な受容体を正確にターゲットすることにより、利益とリスクのバランスを改善するために、癌治療薬メーカーによって広く採用されています。癌治療の研究における現在の上昇傾向は、創薬における3D細胞培養の適用をさらに促進する可能性があります。予測期間中、多くの新規癌治療薬が市場の承認を受けることが期待されており、これがのちに3D細胞培養市場の成長促進因子となる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]