診断用放射性医薬品および造影剤市場、心血管疾患の罹患率の上昇や診断分野の技術的進歩が市場の成長を促進

市場概況

診断用放射性医薬品および造影剤市場は、技術開発、様々な疾患における診断アプリケーションの増加、政府の支援、慢性疾患の増加などが成長促進因子と考えられています。また、放射性医薬品の半減期、厳しい規制の枠組み、高い設備投資などが市場の成長阻害因子と予想されています。

低侵襲手術の開発のためにも、イメージング装置の使用が推奨されてきました。画像誘導の需要の増加は、市場の成長を後押ししています。さらに、医療画像は近年大幅な進歩を遂げてきました。新興技術は、医療画像の解像度と品質を向上させ、造影剤と診断用放射性医薬品の需要を促進しています。癌治療のコストの上昇は、医療費に影響を与えています。政府は、より良い癌治療の管理のためのイニシアチブを主導しています。イニシアチブは、多国籍企業に多額の投資を促す可能性があるため、イメージング業界に影響を与える可能性があると予想されています。

主な市場動向

市場の成長促進因子は、世界中で上昇している心血管疾患の有病率です。世界保健機関(WHO)の推計によると、2016年に1,790万人が心血管疾患で亡くなりました。SPECTは、単一光子放射型コンピューター断層撮影の略で、異常な心筋灌流の領域を正確に特定できる非侵襲的手法です。SPECTは心筋の機能を判断するために使用され、不可逆的に損傷した組織から生きた組織を分離することができます。この診断手法は、外科医が冠状動脈の閉塞を調べるだけでなく、患者が冠状血管造影を受けるべきかどうかの判断に役立ちます。SPECTでは、99mTc-テトロファスミン(Myoview、GE healthcare)、99mTc-sestamibi Cardiolite, Bristol-Myers Squibb)、タリウム-201塩化物など、心臓特有の放射性医薬品が投与されます。したがって、心血管疾患の罹患率の上昇や診断分野の技術的進歩が、予測期間中の市場の成長を促進すると期待されています。

北米は、診断用放射性医薬品と造影剤市場を支配しています。特に、米国は予測期間中も拡大を続けると見込まれています。また、米国では、今後数年間で造影剤の売上が増加すると予想されています。さまざまな画像診断技術の中で、超音波市場向け造影剤はかなりの成長率を見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]