妊娠検査キット市場、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG)血液検査が市場の拡大を促進見込み

予期せぬ妊娠の増加、生活習慣の変化に伴う可処分所得の増加、識字率の増加などが妊娠検査キット市場の成長促進要因として挙げられています。米国における計画外妊娠率は、他の先進国と比較して非常に高くなっています。米国のGuttmacher Instituteが2017年に発表した報告書によると、予期せぬ妊娠の52%は避妊薬を使用していないカップルによるもので、43%は一貫性のない避妊薬の使用または誤った使用が原因と考えられ、避妊の失敗によるものは5%に過ぎないと推定されています。

全妊娠件数のうち、欧州では44%近く、アジアでは38%が計画外妊娠と推定され、妊娠検査キットの需要が高まっています。計画外妊娠率は世界中で増加しています。妊娠検査キットは、女性が妊娠の有無を簡単に確認できるため、将来的に需要が増加すると予想されています。しかし、低所得国の女性は妊娠検査キットへの認識が低く、検査キットを簡単に入手することが困難です。

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG)血液検査は、血液サンプル中のHCGホルモンレベルを測定する定量検査です。HCGは妊娠中に女性の体で生成されるホルモンです。HCGホルモンは受胎後約11日で女性の血液サンプルから初めて検出され、その後、増加を続けます。受胎後8〜11週間でピークに達すると、HCGレベルは低下し、妊娠中は安定します。このHCGテストは、妊娠の確認、胎児の月齢の決定、潜在的な流産リスク、異常妊娠の診断に行われます。HCG検査は医師によって推奨されており、計画的/計画外妊娠の増加により、市場の成長が促進されます。

妊娠検査キットに関する意識の高まりとパーソナルケア製品への支出の増加により、北米が妊娠検知キット市場を支配しています。アジア太平洋地域では、発展途上国の可処分所得の増加、確立された流通チャネル、政府機関が推進する家族計画活動を通じた妊娠関連製品に対する認知の高まりなどが市場の成長に大きく貢献すると予想されています。

妊娠検査キット市場は競争が激しく、多数の企業がしのぎを削っています。中でも、Abbott Laboratories、Axis Medicare、BioMerieux SA、Cardinal Health、Church & Dwight、Germaine Laboratories、Mankind Pharma、Piramal Enterprises、Procter & Gamble Co、Quidel Corporationが市場で大きなシェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]