デジタルX線デバイス市場、2025年までCAGR10.9%で推移、 ポータブルシステムで高い成長率予測

デジタルX線デバイス市場は、2025年までの予測期間中に10.9%のCAGRで成長すると予測されています。整形外科やがん患者の増加、アプリケーション領域の拡大、従来のX線に対するデジタルX線システムの利点、技術の進歩、製品開発などが市場の成長因子に挙げられています。

デジタルイメージングの主な利点は、高い費用対効果とアクセスのしやすさです。フィルムの価格を下げ、画像の保管に必要なペースを減らし、サービスとアーカイブセクションの実行に必要な人員を減らすことで、病院はコストの削減が可能です。また、即座に臨床サービスへの画像配信が可能であるため、患者の過去の画像も容易に確認できます。

デジタルX線で照射する放射線量は、従来のX線よりも約70%から80%少ないため、患者、特に妊娠中の女性に有益であり、長期的な健康の安全を確保します。歯科医はデジタルX線により口腔内の異常を容易に認識できるようになりました。

ポータブルX線は、放射線科への患者の移送が困難な医療現場において患者の診断とモニタリングに役立ちます。ポータブルX線の利点は、使いやすさと汎用性であり、設置コストをかけずに運用が可能です。

アジア太平洋地域では、日本における高齢者人口の増加が市場を牽引しています。可処分所得の増加により、高度な技術に費用をかけられるようになりました。標的疾患の有病率の上昇や政府主導のイニシアチブも日本市場の成長を牽引しています。放射線医学および医療用画像機器の認知を高めるさまざまな会議がアジアで開催され、アジアにおけるデジタルX線装置市場の成長を後押ししています。また、アジア太平洋地域は、世界のメディカルツーリズム、さらにはデジタルX線装置市場の成長に貢献しています。

デジタルX線装置市場の主要企業は、GE Healthcare、Koninklijke Philips NV、富士フイルム、Siemens AG、キヤノンメディカルシステムズです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]