美容ドリンク市場、2025年までCAGR11.9%で成長見込み コラーゲン製品が最大シェア


美容ドリンク市場は、2020年から2025年までの予測期間中に11.9%のCAGRで推移すると予測されています。

生活習慣病の蔓延や意識的に予防医学を取り入れている人々により、美容ドリンクの需要が高まっています。さらに、先進国の高齢化人口の増加に伴い、消費者は予防的スキンケアを標準的に取り入れるようになり、美容飲料市場が成長しています。

セグメント別予測:コラーゲン製品が最大シェアを占める

コラーゲンベースの美容ドリンクは、スキンケアで重要な役割を果たすタンパク質が豊富に含まれており、美容ドリンク業界で人気が高まっています。コラーゲン由来のドリンクは、真皮を保護し、若々しい肌を維持するのに役立ちます。コラーゲン由来製品は、痩身や美容の目的で若年層の間で需要が高く、高齢の消費者はアンチエイジング効果を目的にしています。アジア太平洋地域は、コラーゲンベースの美容ドリンク最大の市場を形成していますが、北米市場は、米国とカナダの消費者の間でコラーゲンの健康と美容の利点についての認識が高まっているため、予測期間中に最大のCAGRを記録すると予想されています。

コラーゲン含有製品・成長率2018

美容ドリンク市場の主要なプレーヤーは、SAPPE Public Company Limited、資生堂、Vital Proteins Ltdです。3社の中で資生堂が最大のシェアを獲得しました。美容ドリンクビジネスに関わる企業は、新製品の発売、市場拡大、およびパートナーシップの提携などの戦略的アプローチを採用しています。製品の拡大とニュートリコスメティックス消費の増加により、美容ドリンク市場の世界的主要企業は、新製品の発売を主要なビジネス戦略として採用しています。Gelita AGは、皮膚の代謝を刺激するとされる生物活性コラーゲンペプチドをベースにした新製品「Verisol」を発売しました。Kinohimitsu、Big Quark、Hangzhou Nutrition Biotechnology Co. Ltdなど他の民間企業は、製品の発売、革新、パートナーシップの締結、市場拡大などで効果的に追随し、美容ドリンク市場におけるより高い市場シェアの獲得を目指しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]