自家発電プラント市場、エネルギー集約型産業の拡大による電力供給の需要増が市場の成長を後押し

自家発電プラント市場は、2020年から2025年までの予測期間中に5%超のCAGRで推移すると予測されています。発電産業は各国で確立されていますが、公共施設では高品質の電力を24時間体制で産業ユーザーに提供することが求められており、自家発電プラントの設立が必要不可欠です。発電施設の一部が遠隔地にある点、そして発展途上国における電力供給の信頼性が低い点などが自家発電所の設置を後押し、同市場の成長促進要因とされています。しかし、高額な資本金や運用支出などが、発展途上地域の自家発電所の成長を抑制し、同市場の成長阻害要因と考えられています。

産業がスムーズに機能するには、信頼できる電力の安定した供給が必要です。しかし、開発途上国および開発途上国の産業は、電力の可用性と信頼性の問題に直面しており、より多くの発電源のみならず、より強固なグリッドも求められています。セメント、鉱業、鉄鋼やアルミニウムなどの金属加工、精製、石油化学などのエネルギー集約型産業の成長により、費用対効果が高く信頼性の高い電力供給の需要が増加しています。

地域別予測:アジア太平洋地域が市場を支配

アジア太平洋地域は、2019年に自家発電市場で最大のシェアを占めました。アジア太平洋は、今後数年間も同市場を支配すると予想されています。人口の増加、急速な都市化、工業化などがこの地域の電力需要を牽引しており、電力容量拡大の機会を創出しています。インド政府は、Make in India改革により、引き続き外国投資に対する障壁の排除と規制緩和を行います。これにより、今後数年間にわたって産業および製造部門の強化に役立つと予想されています。また、ベトナム、タイ、インドネシアなどの東南アジア諸国における産業生産力の拡大は、予測期間中に同地域の自家発電プラントの需要を後押しすると見込まれています。

自家発電プラント市場の主要プレーヤーは、Kohler Co、General Electric Company、Wartsila Oyj Abp、ADC LLC、PBS Groupなどです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]