自律型無人潜水機(AUV)および遠隔操作型無人潜水機(ROV)市場、オフショアの石油およびガス生産活動の増加が市場の成長を後押し


AUVおよびROV市場は、2020年から2025年の予測期間中、CAGR約5.17%で成長すると見込まれています。オフショアの石油およびガス生産活動の増加、オフショア風力発電産業の拡大、石油およびガスを廃止する動きの増加などが同市場の成長促進因子になると予想されます。しかし、2014年に起きた原油価格の下落により、オフショア投資は世界で急激に減少しており、近年ではオフショアの石油およびガスの活動が減少し、市場の成長抑制因子となっています。

石油およびガスセクターは、オフショア油田のライフサイクルすべてのフェーズにかかわる車両の需要により、2019年にAUVおよびROV市場で最大のシェアを占めました。地域別では、需要の大部分が米国やメキシコから発生しており、北米が市場を支配すると予想されています。

セクター別予測:石油およびガスの需要が増加

石油およびガス部門は予測期間中、市場での優位性を維持すると予想されます。ROVは、海底油田ライフサイクルのすべてのフェーズで広く使用されています。また、海底ハードウェアの設置、建設、パイプライン検査、調査および施設の検査、保守、修理などを含むオフショア掘削のサポートおよび船舶ベースのサービスにも使用されています。しかし、石油・ガス産業のAUV市場は初期段階にありますが、需要が高まっています。したがって、AUVにとって、石油ガス産業は予測期間中の最大の成長促進因子になると予想されます。

地域別予測:北米が市場を支配

効率の向上とサプライチェーンの強化により、北米のオフショア石油およびガスプロジェクトの競争が激化しています。これにより、オフショア掘削のコストが減少しています。たとえば、2014年まで、メキシコ湾深海の井戸掘削に約2億米ドルの費用がかかりました。2017年に同地域で深海の井戸を掘削する際のコストは1,000万から5,000万米ドルでした。石油価格が上昇し、掘削コストが減少した結果、米国のオフショア掘削リグとオフショア石油生産は大幅に増加しました。これは、オフショア掘削だけでなく生産活動の成長も示しており、米国内におけるAUV&ROV市場の成長促進要因になると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]