農業用トラクター市場、発展途上国における農業機械化が低出力エンジントラクターの売り上げを後押し

市場概況

農業用トラクター市場は、予測期間中5.8%のCAGRで成長すると予測されています。

中国とインドは、国外販売数で市場を牽引しています。中国では、農業活動の約60%が機械化されています。中国政府は2018年のMade in China 2025キャンペーンの対象に農業機械を含めました。このプログラムは中国における農業機械の国内生産化を後押しし、中国でのトラクターの売上増加を目指しています。

インド国内における農場の機械化レベルは、2017年に40%~45%でした。農機具の普及は遅く、小規模農家のうち、ほぼ80%が所有する土地は5ヘクタール未満です。機械化レベルを上げるために、インド政府はBalanced Farm Mechanizationを推進しています。これは、測期間中にトラクター市場を強化すると予想されるさまざまな機器に助成金を提供し、予フロントエンド代理店を通じた一括購入をサポートすることを目的としています。

農業労働コストは、単純な需給経済を考慮して、農業に従事する国の総人口の割合と直接的な関係があり、農業用トラクター市場に影響を与えています。

主な市場動向

馬力が40 HP未満のトラクターの市場規模は、2025年までに234億1,000万米ドルに達すると推定されています。このタイプのトラクターは、エンジンが1500cc以下で占有するスペースが少なく、より柔軟に使用できます。カスタマイズが容易なため、テストがしやすく、結果として、製造業者はより高出力なものへ移行する前に、新しいコンポーネントやテクノロジーを試すことが可能です。これらのトラクターはコンパクトで、質量は4,000ポンド未満、アタッチメントの実行に40 PTO HP未満を使用します。高生産性、低コスト、およびユーザーフレンドリーなコンパクトトラクターは、学校、公園、造園家、墓地、および趣味で農業を楽しむ人々によって使用されています。低馬力のトラクターは、河川流域などの柔らかい土壌条件で機能します。20HP未満のトラクターは、主にインドの園芸に使用されています。開発途上国では、農家の可処分所得が低く、人件費が高いため、低出力トラクターの需要が高くなっています。農地のサイズが小さいため、農家は小型でカスタマイズされたトラクターを好みます。さらに、小型トラクターによる燃料消費量の削減は、小規模農家に役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]