炭素プリプレグ市場、航空宇宙および防衛産業からの需要増が市場の成長を後押し

炭素プリプレグ市場は、2020年から2025年までの予測期間中に9%超のCAGRで推移すると予測されています。グリーンエネルギー資源へのシフトやCFRP(炭素繊維強化プラスチック)コンポーネントの需要の高まりが市場の成長促進因子と考えられます。産業別では、航空宇宙および防衛が市場を支配し、予測期間中に成長すると予想されます。アプリケーション別では、エレクトロニクス業界で今後多くの市場機会が創出される可能性があります。地域別では、35%以上のシェアを占める欧州が市場を支配し、北米とアジア太平洋がそれに続いています。

航空宇宙産業メーカーは、大幅な軽量化とコスト削減のため、アルミニウムなど従来の材料の代わりにカーボンコンポジットを採用するようになりました。航空宇宙用複合材料の多くは、一般的な製造プロセスとしてオートクレーブ成形にカーボンプリプレグを原材料として使用しています。航空宇宙産業は、民間航空機、軍用機、ヘリコプター、航空エンジン、宇宙衛星、発射装置用に多くのカーボンプリプレグを使用します。炭素繊維複合材料は、高強度、剛性、耐熱性、化学品耐性などにより、航空宇宙および防衛用途に使用され、航空宇宙産業において不可欠となっています。さらに、高強度、安定性、耐久性などの利点から、炭素繊維複合材料は、軍用車両への使用が増加しています。

また、熱可塑性プリプレグは、新たな用途としてストリンガーやスチフナー、主翼ボックス、胴体パネルなどの主要構造部品において検討される機会が増えています。炭素プリプレグの主要企業である帝人は、次世代航空機市場を急速に拡大しています。他の主要企業も同様に、航空宇宙グレードのカーボンプリプレグの製造に注力しています。これらのシナリオから、航空宇宙産業においてカーボンプリプレグは長期的に市場の成長を牽引すると予想されます。

世界のカーボンプリプレグ市場は、帝人、Hexcel Corporation、東レ、SGL Carbon、Solvayの上位5社が主要なシェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]