種子処理市場、2025年までCAGR9.8%で成長見込み 欧州が最大シェアを占める

種子処理市場は、2020年から2025年の予測期間中、9.8%のCAGRで成長すると予測されています。地域別では、欧州が2019年に全市場の約33.2%にあたる最大の市場シェアを占めました。適用技術別では、種子ドレッシングが2018年に全市場の37.3%相当の最大シェアを占めました。

種子処理は、病原菌、昆虫、および他の害虫から効果的に種子を保護するだけでなく、均一に作物を生産するのに役立つため、政府機関やさまざまな規制によって奨励されています。農業コミュニティにおける種子処理への意識の高まり、食用穀物需要の増加、各国の経済成長などが種子処理市場の成長を牽引していると考えられています。

種子処理技術のイノベーションは、気候変動、特定の農薬に対する害虫の耐性、競合他社との競争などの課題と向き合う上で重要です。したがって、新たな種子処理技術の生物学的および化学的イノベーションを活用するために、より多くの種子産業が新たなコラボレーションの創出と新製品の導入を目指しています。たとえば、DowDuPont社は、2017年にカナダと米国の農家向けに3つの重要な種子処理製品を発売しました。

ハイブリッドおよび遺伝子組み換え種子に関連するコストの高騰は、種子処理市場の成長促進要因に挙げられています。農薬の燻蒸と葉面散布に関連する規制の厳格化により、種子処理は、良質な種子への多額の投資を保護するための方法として農家にますます認知されるようになりました。理想的な農業形質を備えた高品質の種子に対する需要が高まっているため、種子のコストは増加しています。

遺伝子組み換え種子は高価なうえ、生物学的および化学的処理が行われているため、穀物の作付面積は増加し、結果として種子処理市場の成長にプラスの影響を与えています。過去5年間、開発途上国はバイオテク作物への依存度を高めてきました。開発途上国19カ国によるバイオテク作物の作付面積は、世界の54%(9,960万ヘクタール)に上っています。この傾向は、南半球でバイオテク作物を栽培している国の増加、および綿、トウモロコシ、大豆など新たなバイオテク作物の商業化により、今後数年間続くと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]