プロフェッショナルオーディオの市場、2022年~2027年までCAGR12.4%で成長予測

プロフェッショナルオーディオの世界市場は、予測期間(2022-2027年)にCAGR12.4%を記録すると予測されています。ライブイベント/コンサート、スタジオ制作、Web制作など、進化するエンターテインメント・エコシステムが、高度でノイズに強いオーディオ機器への市場の要望に拍車をかけています。プロフェッショナルオーディオ市場は、デジタル化の進展とスマートフォンの普及、そして高速インターネットの利用可能性から恩恵を受けています。これにより、CMや音楽制作などのプロフェッショナルな作業において、ノイズやエラーのないオーディオミックスを実現することができます。

主なハイライト

上記のような利点以外にも、バーやショッピングモール、スポーツ施設、スタジアムなどで、消費者やユーザーの体験を向上させるために利用されています。また、レストランでは、業務用音響機器を使用することで、より快適な食事体験ができるようになります。

業務用オーディオ市場は、HDやUltra HDの音質に対する需要の高まり、Wi-FiやBluetoothベースのデバイスの普及、ネットワークアクセスの簡便さによって成長しています。スマートネットワークやその他のローカルエリアネットワークによる通信の発達により、オーディオ機器に遠隔でアクセスできるようになりました。

その結果、ワイヤレス通信の進化により、業務用オーディオ機器の需要が高まっています。しかし、初期設定やメンテナンスに高額な費用がかかるため、市場の成長は限定的です。また、音声対応スマートインタラクティブガジェットの開発への投資の増加は、業務用オーディオ機器市場に有利な可能性を提示しています。

プロフェッショナルオーディオラウドスピーカーは、AR/VRデバイスとの融合を見出すと思われます。音楽とともに、ARデバイスはオーディオと同期して仮想体験を提供したり、逆に仮想体験を提供したりするようになります。音はリスナーに寄り添い、3Dやサラウンドサウンド技術によって新たな仮想環境を切り開きます。近い将来、音楽は仮想世界と融合し、全く新しい体験を生み出すことができるようになるでしょう。

パブリッシャーから新しいオーディオコンテンツが続々と登場し、業界を牽引しています。オーディオは、モバイル環境において読者により良いサービスを提供するために、ニュース会社やその他の文書作成者が重要な追加要素として受け入れています。これはポッドキャストに限ったことではなく、話し言葉のコンテンツを日常のコミュニケーションに取り入れるということです。誰でも音声を利用することで、より広く、より多様な読者にリーチすることができます。デジタルオーディオは、今後も幅広いユーザーに支持されることでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]