アジア太平洋地域のコワーキングオフィススペース市場、2022年~2028年までCAGR5.5%で成長予測

アジア太平洋地域のコワーキングオフィススペース市場は、予測期間中(2022~2027年)にCAGR5.5%以上を記録すると予想されています。

COVID-19の大流行により、従来のワークスペースが危機に直面したため、アジア太平洋地域のコワーキングスペースの成長が加速されました。多くの企業がコワーキングスペースを利用するようになったのは、手頃な価格と作業スペースの柔軟性、またコワーキングスペースが安全な作業環境を提供することを保証しているためです。

さらに、この分野はフリーランサーや中小企業、スタートアップ企業からの需要が高まっていることも背景にあります。コワーキングスペースは最高水準の設備を手頃な価格で提供するため、そのメリットを実感した大企業も導入しています。また、新興企業の増加や投資意欲の高まりも、コワーキングスペースの成長に拍車をかけています。さらに、インドネシアやタイなどではデジタルノマドが増加しており、コワーキングスペースを後押ししています。

2021年、アジア太平洋地域は他の地域と比較してコワーキングスペース市場をリードしています。メルボルン、シンガポール、香港、ムンバイなどの主要都市では、フレキシブルオフィスやコワーキングオフィスが伸びています。

主な市場動向

著しい成長を遂げるコワーキングスペース

コワーキングスペースは、ここ数年で大きく成長しています。アジア太平洋地域は、世界中の他の地域と比較して、コワーキングスペースの需要が増加しています。主要なフレキシブルスペースとコワーキングスペースは倍増し、床面積は2019年から2021年の間に150%増加しています。

CircleLoopのCo-Working Indexによると、コワーキングオフィススペースのほとんどは、香港、ニューデリー、東京、ムンバイ、メルボルンなどの主要都市で利用可能です。2021年には、これらの都市で774以上のコワーキングスペースが利用できるようになりました。さらに、熱心な政府がスタートアップエコシステムを後押しし、コワーキングスペースの需要上昇につながっています。

さらに、2021年には、香港がコワーキングスペースの開発の主要拠点となり、166以上のスペースが利用可能となっています。さらに、釜山、クアラルンプール、杭州などの都市では、手頃な価格のホットデスクが提供されています。

中国と日本がこの分野で著しい成長を遂げている

コワーキング部門は、中国と日本で大きな成長を遂げています。この背景には、新興企業ブーム、従業員と企業の双方におけるより高い柔軟性への要求、そしてコワーキングスペースが従来のオフィスに代わる費用対効果の高い選択肢であることが挙げられます。さらに、中国本土の地主の多くは、香港のフレキシブルワーキングスペースに参入する可能性があります。香港は伝統的に国内外の投資家が多く、より広いオフィス市場への参入に際して低リスクであることが理由です。

しかし、日本では、フリーランサー、スタートアップ企業、中小規模の企業(SME)のほとんどがコワーキングスペースを採用しています。コワーキングスペースは、高速インターネットサービス、24時間365日利用可能なオフィススペース、会議室の提供、家具付きまたは家具なしのスペースなど、最高の機能と設備を備えているからです。さらに、2021年12月、日本で最もコワーキングスペースの数が多いのは、東京23区で560件。次いで、大阪市の132室となっています。

2021年、中国のコワーキングスペースの入居者のうち20%以上がコンピューターネットワーク業界の企業であり、これはコワーキングスペースが若くて新進の企業を惹きつけているためです。インターネット、デジタルサービス、メディア業界は参入障壁が非常に低いため、ほとんどのスペースが入居しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]