カナダのコワーキングオフィススペース市場、2022年~2027年までCAGR5.5%で成長予測

カナダのコワーキングオフィススペース市場は、予測期間中(2022年~2027年)にCAGR5.5%以上の成長が見込まれています。カナダでは、COVID-19のパンデミックがコワーキングオフィススペース市場を直撃しました。ロックダウン規制のため、企業は顧客の75%を失っています。1年半以上経った今、人々はコワーキングスペースに戻ってきています。このような変化は、コワーキングスペースにとって有益であることが証明されています。コワーキングスペースは、流行によって経済モデルが大混乱に陥る前は、ますます人気が高まっていました。COVID-19の感染が薄れ、人々が仕事、社交、そして1年以上自宅で過ごした後の外出のための新しい方法を求めるようになると、そのオーナーは人気のピークに達すると予想しています。

コワーキングの動向はカナダの企業シーンに変革をもたらすものへと発展しています。新しい働き方が求められ、フレキシブルオフィスの運営会社が増え、賃貸市場での足場を固めつつあります。カナダの他の主要な市場も、コワーキング不動産という選択肢によって形を変えつつあります。2017年以降、カルガリーやオタワ、そしてバンクーバーのフレキシブルなフットプリントは80%以上の伸びを記録しています。ウォータールー地域は、Co-workingスペース事業の市場浸透度において、トロント(1.8%)と肩を並べています(Co-workingはオフィス供給全体の1.4%を占めています)。エドモントンやウォータールー地域では、郊外の成長がダウンタウンの成長を上回っています。バンクーバーでは、郊外のコワーキングスペース市場は83%の成長を遂げています。

カナダには現在617のコワーキングスペースがあり、その中にはStaples社のような大手企業が運営する場所も含まれています。すでにいくつかの大企業がその意向を表明しており、北米における言説の基調を整えています。JPモルガン・チェースは全労働者の職場復帰を要求しています。一方、オタワに拠点を置くeコマース企業Shopifyは本社を放棄し、遠隔地のみの労働力を確保することを選択しました。しかし、ワクチン対策が進み、将来の働き方をめぐる議論が白熱する中、一部の企業はコワーキングを通じて、より「柔軟な」アプローチを職場に取り入れることで中道を歩むチャンスと捉えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]