独立国家共同体(CIS)の建築・建設用シートの市場、2022年~2027年までCAGR3%で成長予測

独立国家共同体(CIS)の建築・建設用シート市場は、予測期間(2022-2027年)中に約3%のCAGRで成長すると予測されています。
COVID-19の大流行により、建築・建設、自動車・輸送、電気・電子、航空宇宙・防衛の各業界からの需要が減少し、市場に影響を及ぼしています。新築やアフターマーケットに悪影響を及ぼしています。建設活動は当初、完全に停止していたが、2021年にCOVID-19の安全対策を使って操業を再開する許可が下りた。ロック解除後、この分野の大きな障害は、労働力の確保と原材料の供給とコストです。パンデミックは原材料分野に悪影響を及ぼし、建築・建設用シート市場の成長を鈍化させると予測されます。
新興国における自動車、建設、その他の用途での建築用シートの需要増が、市場収益を押し上げると思われます。市場の拡大は、様々な用途でのコンストラクションシートや、高性能コンストラクションシートへの高い需要に支えられています。また、低炭素型プラスチックの研究開発活動が活発化していることも、市場の成長に寄与しています。


主な市場動向
建設分野ではロシアがCIS地域を支配
ロシアの企業は持続可能な建築材料に多額の投資を行っており、その結果、今後数年間でコンストラクションシート市場全体が成長する見込みです。ロシアは、長期的な建設プロジェクトを確立するために、世界中から大規模な投資を集めています。例えば、国際フォーラム・展示会「Greenhouse Complexes Russia &CIS 2020」の5周年記念イベントで、ロシアは温室施設の建設と近代化のための投資プロジェクトに関するイベントを開始し、欧州とCISからの投資家、ロシア全土の温室プロジェクトの開始者、連邦と地域の農業保有物の上級管理職、ロシアの規制機関の職員、地域のトップ、小売チェーンとサービス企業のトップ、全国の組合と協会の会長、アジアの投資家が集まりました。


拡大する住宅建設の需要
ベラルーシやウクライナなど多くの新興諸国では、政府が住宅開発投資を強化しており、その結果、これらの国々では建築活動が活発化しています。住宅開発分野での建設プロジェクトの増加に伴い、ルーフィングソリューションのニーズも高まっています。その結果、建築・建設業界からの透明ルーフィング用品の需要増により、建築用シート市場の発展が見込まれます。建築用シート市場において、建築・建設業界は最大の最終用途産業分野であると予想されます。建築用シートは、延性の向上、高強度、優れた均質性などの有利な物理的特性を備えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]