EV用固体電池市場、2022年~2027年までCAGR52.8%で成長予測

EV用固体電池市場は、予測期間中(2022年~2027年)に約52.8%のCAGRを記録し、 2027年までに10億米ドルを超えると予想されています。
COVID-19が電気自動車市場に与えた影響は、他の産業とほぼ同様に必然的なものでした。 しかし、電気自動車(EV)市場は、全世界で電気自動車の普及率が前年比で急上昇していることから、大きな成長を遂げています。 例えば、中国では2021年に330万台、2020年に130万台、2019年に120万台、欧州では2021年に220万台、2020年に137万台、2019年に55万台と、パンデミックにもかかわらず電気自動車の販売台数が劇的に増加しており、予測期間中に市場が活発に成長する兆しが見えています。

主な市場動向
電気自動車の販売拡大
小型乗用車の電気自動車(EV)の導入を加速させ、内燃エンジンを搭載した従来の自動車を段階的に廃止する動きが世界中で活発化しています。 平均燃料価格の上昇は、欧州が世界の他の地域よりも電気自動車の新規登録台数の割合が高いことを反映しています。 したがって、燃料価格の上昇により電気自動車の大量導入が進み、電動パワートレイン市場が世界的に拡大することが予想されます。


欧州は電動パワートレインにとって重要な市場であり、自動車生産のかなりのシェアを占めています。 フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、オランダなどの国々は、世界で最も電気自動車の普及率が高い国です。 世界では、2020年に約300万台の電気自動車が新規登録され、欧州が140万台でトップ、次いで中国が120万台、米国が29万5千台の電気自動車が新規登録されています。
電池式電気自動車乗用車の年間販売台数は、2026年末に700万台を超えると予測されています。 2026年末には自動車販売台数全体の約15%を占めると予想されています。 したがって、電気自動車の登録台数の増加は、電気自動車のパワートレインの増産につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]