プロピレングリコール市場、2022年~2027年までCAGR5%で成長予測

プロピレングリコール市場は、予測期間中(2022-2027年)に5%を超えるCAGRで推移すると予想されています。

主なハイライト

  • 石油系プロピレングリコールは、輸送、建築、建設業界における使用の増加により、予測期間中、世界市場をリードすると予想されます。
  • プロピレングリコールにさらされることによる健康被害が、市場の成長を鈍化させる可能性があります。
  • プロピレングリコール生産のための工業規模の直接合成法の開発は、今後の市場を牽引する主要な要因です。
  • アジア太平洋地域が市場を独占し、予測期間中に最も高いCAGRで推移すると予想されます。

主な市場動向

運輸産業における使用量の増加

  • プロピレングリコールは、耐火ブレーキ液や油圧作動油、エンジン冷却などの輸送産業における冷却剤、航空機の除氷用原料、高温用途の熱媒体として使用されています。
  • また、不飽和ポリエステル樹脂をガラス繊維で補強することで、耐食タンクやパイプダクトなど、自動車や船舶の製造に広く使用される製品を製造することができます。
  • 特に安全性と快適性に関連する自動車の開発が進んでおり、消費者需要の回復とともに、今後数年間、プロピレングリコールのような材料の需要を支えることになりそうです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]