5G市場、2020年~2025年までCAGR14%で成長予測

世界の5G市場情勢は、2020年から2025年の予測期間において、年平均成長率約14%で成長すると予測されています。

ワイヤレス業界を第5世代ネットワーク技術に向かわせる重要な動向の1つは、ワイヤレスブロードバンドサービスの需要が世界的に急増していることです。これらのブロードバンドサービスでは、動画やクラウドゲームなどのコンテンツリッチなサービスを提供するため、より高速で大容量のネットワークが必要とされています。

主なハイライト

  • また、現在の無線ネットワークでは対応しきれない様々なアプリケーションが各業界に広がっています。例えば、車対車、車対インフラ輸送システム、ワイヤレス医療サービス、拡張現実サービスなどのアプリケーションは、現在の標準的な無線技術では最適に機能しません。
  • このようなアプリケーションの分析では、レイテンシー、容量、ピークスループット、スペクトル効率など、5Gなどの新世代技術でしか対応できない性能基準が提示されることがよくあります。
  • 例えば、2019年11月にローンチしたGoogleのクラウドゲーミングプラットフォーム「Stadia」は、クラウドサーバーに依存して4K解像度のゲームを60fpsでストリーミング配信しています。同社は将来的に8K解像度と120fpsのサポートを目指し、信頼性が高く低遅延の、より高速なネットワーク接続を要求しています。
  • さらに、需要の急増により、世界中の通信事業者が5G技術への投資を開始しています。例えば、世界のモバイルサプライヤー協会(GSA)が2019年に発表したレポートでは、100カ国に広がる約296の通信事業者が5Gに投資していることが確認されています。
  • また、66カ国に広がる約154の事業者が、5Gを実現する技術やその他の候補技術のテストに従事しているか、フィールドテストを開始するためのライセンスを取得していることも明らかにされています。例えば、2019年1月、ZTE株式会社は、セキュリティ機能とコアネットワークの性能安定性に関する5GテストのIMT-2020第3フェーズを完了し、ZTEの5Gコアネットワークの成熟度を徹底的に検証しています。
  • クアルコム、メディアテック、ファーウェイ・テクノロジーズなどのプレイヤーがひしめくモバイル・チップセット業界と同様、サムスンは非常にダイナミックで競争力の高い空間にいます。ベンダーは、複雑化するセルラーネットワークを解決するために、モデムやRFフロントエンドコンポーネントの製造に絶えず取り組んでいます。また、mmWaveとSub-6 GHzの間で嗜好が分かれるという業界の動向も、市場の成長を後押しするものと思われます。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]