肉缶詰市場、2020年~2025年までCAGR8.1%で成長予測

肉缶詰市場は予測期間(2020-2025年)にCAGR8.1%を記録すると予想されます。

主なハイライト

  • 市場は主に、手軽で便利な食品を好む都市人口の増加や、タンパク質、機能性繊維、ビタミン、オメガ3脂肪酸を豊富に含む健康食品の需要によって牽引されています。このような特性を持つ製品に多少の出費をいとわない消費者と、小型で簡単な調理済み肉・魚介類、有機野菜・果物缶詰への需要が、市場の売上を押し上げています。
  • さらに、プラスチック包装の害に対する意識の高まりと、持続可能なソリューションに対する需要、世界のリサイクル率の向上が、市場をさらに牽引しています。

主な市場動向

シーフード缶詰の需要増加

魚介類缶詰の需要は、魚介類の栄養価の高さ、消費の利便性、保存期間の長さに対する消費者の意識から、着実に伸びています。国連食糧農業機関によると、2017年現在、アジア太平洋地域は世界最大の水産物輸出国であると同時に最大の水産物輸入国です。アジア太平洋地域の人口のほとんどが新鮮なシーフードを好んで食べるため、同地域ではシーフード缶詰の消費量はかなり少ないですが、冷凍シーフードと比較すると、シーフード缶詰の需要のほとんどは現地で入手できないシーフードに由来しています。例えば、低温殺菌されたカニ肉は、マグロなどの魚の缶詰に続いて、アジア太平洋地域で販売されている主要な水産物缶詰の一つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]