日本のトラベルリテール市場、2020-2026年の間10%近い年平均成長率での成長を予測

市場概要

日本のトラベルリテール市場は、新たなビジネス展開、消費者習慣の変化、海外からの旅行者の継続的な急増により伸長しています。2020-2026年の間に10%近い年平均成長率で成長すると予想されています。

COVID-19の大流行が日本のトラベルリテールの成長を大きく阻害し、国内の旅行拠点における小売店の閉鎖が、多くの大手ブランドの全体的な損失に寄与しています。日本の美容大手である資生堂のようなプレーヤーは、COVID 19による混乱でトラベルリテール事業の収益が18%近く減少しました。さらに、2020年には、COVID-19の大流行の影響により、日本への国内旅行と外国人旅行者の支出が大幅に減少しました。

トラベルリテールは航空・海上輸送に関連した金融企業の主要な要素であり、ヨーロッパの高級ブランドの強い基盤のおかげで、旅行体験の不可欠な一部となっています。日本の化粧品は資生堂グループ、菓子類はロイズや東京ばな奈など、人気のある商品カテゴリーが成功を収めています。また、ビューティーブランドは、ゲーミフィケーションのような戦略を導入し、顧客の店舗への来店を増やしています。例えば、資生堂は2019年にIoTを活用したスキンケアシステム「Shiseido’s Optune」を発売し、AIを活用したモバイルアプリを統合してユーザーの肌状態を検知し、毎日パーソナライズした処方を調合、Optuneは最大8万通りの組み合わせを提供できるとしています。

主な市場動向

訪日外国人観光客の増加

過去5年間、日本への外国人旅行者数は順調に伸びており、2019年には約3,188万人に達します。訪日外国人旅行者の大半は東アジア地域からであり、韓国、中国、台湾の旅行者が上位を占めています。観光客の増加により、ショップやレストラン、バーなどを含む大規模なリテール体験など、旅行小売市場のインフラ整備が進んでいます。

日本政府も、訪日観光客数の増加や観光消費額の順調な伸びから、旅行先としての日本の人気が高まっていることを示し、活気ある産業の潜在力を引き出すため、2020年までに4,000万人という長期目標の達成に向けた施策を発表しました。しかし、2020年の訪日外国人旅行者数は約412万人となり、COVID19の流行に伴う渡航制限により、2019年と比較すると3,188万人から激減しましたが、中長期的には市場の活性化が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]