日本の電力市場、産業界や人口増加に伴う電力需要の増加が牽引

市場概要

日本の電力市場は、2020年から2026年の間に約3.5%のCAGRで成長すると予測されます。

2020年第1四半期にCOVID-19が発生、日本の電力業界はマイナスの影響を目の当たりにし、2020年、日本の電力セクターは2010年比で7%近く需要が減少しました。この需要の減少は、主に様々な商業・産業分野で必要とされる電力が減少したことに起因します。

産業界や人口増加に伴う電力需要の増加などが、市場を牽引すると予想されます。しかし、再生可能エネルギーによる発電コストは、世界水準と比較して例外的に高く、予測期間中の市場成長の妨げとなることが見込まれます。2019年は利用可能な商業用地が多く、電力消費量も多いことから、予測期間中は商業セグメントが市場を支配するでしょう。

2020年に市場シェアを独占したことを理由に、火力発電部門は予測期間中に重要なセグメントであり続ける見込みです。

超臨界圧および超超臨界圧石炭発電所のような、KWあたりの環境負荷を減らす新しい効率的な技術が、老朽化した発電所に置き換わると予想され、将来的に日本の電力市場に成長機会を生み出すと予想されます。

また、再生可能エネルギープロジェクトの増加が、日本の電力市場を牽引することが期待されます。

主な市場動向

火力は重要なセクター

日本の火力発電所は、そのほとんどが天然ガスを燃料としています。同国は液化天然ガス(LNG)の最大の輸入国であり、LNGの大部分を発電に使用しています。2020年には、世界の輸入LNGのうち、1,020億立方メートル(bcm)を輸入し、約20.9%を占めています。

2011年の津波の後、日本は原子力発電所のほとんどを閉鎖せざるを得なくなったため、原子力発電の廃止によるギャップを埋めるために天然ガスを重要なエネルギー源として利用するようになりました。過去10年間で、天然ガスは日本における重要なエネルギー源として台頭しています。

同国には、これから建設される火力発電所がいくつかあり、知多火力発電所では2基のガス火力発電所プラントの新設が予定されています。

以上のことから、火力発電分野は予測期間中、重要なセクターであり続ける可能性が高いと見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]