オフグリッドソーラー市場、2021年から2026年にかけ年平均成長率8%を超える予測

市場概要

オフグリッドソーラー市場は、2021年から2026年にかけて年平均成長率が8%を超えると予測されています。COVID-19の発生は世界的な景気減速をもたらし、その結果、個人所得の減少や失業率の上昇を招き、オフグリッドソーラー市場の成長を阻害しました。世界のオフグリッドソーラー市場を牽引している主な要因は、太陽光発電モジュールと蓄電池のコスト低下です。太陽光発電モジュールの価格は、2020年には2010年比で約70%低下します。これは、オフグリッドソーラー市場の成長にプラスの影響を与える可能性が高いです。しかし、設置費用の高さやメンテナンスの悪さが、太陽光発電市場の成長を抑制する要因となっています。さらに、代替の再生可能エネルギー源の配備が進んでいることも、調査対象市場の成長を阻害する要因になると見込まれます。

オフグリッドソーラー市場における技術の進歩やアップグレードにより、モジュールのコストが下がり、住宅分野での普及が進みました。米国、英国、ドイツ、インドなど、いくつかの国は、エネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を増やすという野心的な目標を掲げています。これらの国の政府も、今後数年間、住宅用およびオフグリッド太陽光発電システムの導入を通じて、再生可能エネルギーの比率を高めることを計画しています。このことは、オフグリッドソーラーPVメーカーやサプライヤにとって、予測期間中に好機となることが期待されます。

中東・アフリカ地域は、主にアフリカ地域で中央送電網や信頼できる電力供給がないために電力需要が増加していることから、市場成長を支配すると見込まれます。

最近の動向

2021年9月、The Assam Power Distribution Company Limitedは、インドのPradhan Mantri Sahaj Bijlee Har Ghar Yojana (SAUBHAGYA) プログラムのもと、71,199の独立型ソーラーシステムによるオフグリッド農村電化の入札をターンキー契約の条件で募集しました。

2021年9月現在、シエラレオネの首都フリータウンのブロードバンドネットワークは、CrossBoundary Energy社が最大2MWhのエネルギー貯蔵に支えられた1.2MWの太陽光システムに融資することに合意し、「サブリージョンで初の完全グリーンネットワーク」となる予定です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]