基板市場、ヘルスケアモニタリング機器の需要増加が市場の成長を促進

市場概要

世界の基板市場のうち、フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス市場は予測期間(2021年~2026年)に年平均成長率55.3%に達すると予測されています。COVID-19の発生により、エレクトロニクス業界のサプライチェーンに混乱が生じ、市場の成長に影響を及ぼしました。可処分所得の減少と消費者心理の悪化により、消費者は食品や清掃用品などの必需品を購入し、ウェアラブルデバイスなどの非必需品で高額な買い物を避けることを選択しました。

IPC International Inc.によると、2020年3月と4月に実施された調査のデータによると、調査対象となった世界の電子機器メーカーおよびサプライヤーの43%が、COVID-19が自社のビジネスに与える影響を非常に懸念していることがわかりました。さらに、COVID-19により、ヘルスケアモニタリング機器の需要が大幅に増加し、様々なパートナーシップにより、市場拡大が見込まれています。

フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス(FHE)は、電子回路製造における新しいアプローチで、最高の印刷エレクトロニクスと従来のエレクトロニクスを組み合わせることを目的としています。この柔軟性と処理能力の組み合わせは、データロギングやBluetooth接続などの望ましい機能を維持しつつ、軽量化と新しいフォームファクタを可能にするため、非常に望ましいものとなっています。

プリント基板(PCB)業界はここ数年、大きな成長を遂げてきました。これは主に、民生用電子機器の継続的な発展と、あらゆる電子機器や電気機器におけるPCBの需要の増加によるものです。

民生用電子機器は、新しい異なるPCB機能を要求してきました。その発展は、PCBの形状、あるいはそれに付随するアクセサリーに関連しています。例えば、PCBボードのカメラは大きく発展し、写真やビデオ画像、そして耐久性が主な改善点となっています。小型のカメラで高解像度の画像や動画を簡単に撮影できるようになったのです。ボードカメラは、今後数年間でさらに発展し、堅牢な産業用および民生用電子機器用ソリューションを生み出すことが期待されています。

地理的には、台湾、日本、中国などのアジア太平洋諸国が、世界のPCB市場で大きなシェアを占めています。しかし、台湾のPCB生産は2017年以降、減少傾向を示しています。2020年10月に発表された台湾国家統計によると、2019年のPCB生産量は2017年と比較して9,940万平方フィート、13.6%減少しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]