空気分離プラントの市場規模、2026年に59億米ドル到達予測

空気分離プラントの市場規模は、2021年の45億米ドルからCAGR4.9%で成長し、2026年には59億米ドルに達すると予測されています。空気分離プラントは、特に鉄鋼、石油・ガス、化学、ヘルスケア、その他の最終用途産業からの需要の強い伸びによって牽引されています。

COVID-19の空気分離プラント市場への影響

空気分離プラント市場のサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、南米、中東、アフリカなどの様々な国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。COVID-19の流行により、重篤な患者の治療に医療用酸素の需要が高まりました。COVID-19による物流の混乱により、中低所得国を中心に医療用酸素が不足しています。不足分を補うために医療用酸素プラントや発電機をオンサイトで設置するという戦略がとられました。その結果、空気分離プラント市場は、ヘルスケアのエンドユース産業からの需要が増加しています。

牽引要因:製造業による産業用ガスの需要拡大

世界の市場はここ数十年の間にかつてないほどの変革を遂げてきました。政治改革により各国で中産階級の成長が促進され、可処分所得の増加と都市化が進みました。これにより、消費者主義が高まりました。消費者主義とは、個人消費は経済の主要な原動力であり、消費を促す事こそが主要な政策目標であるという考え方です。ブラジル、中国、インド、メキシコ、米国、ドイツなどの経済圏には、鉄鋼生産、電子機器、石油化学、電力、化学、食品・飲料などの産業が集積しています。同地域では、こういった産業の発展に伴い、製品の製造に不可欠なユーティリティーガスの需要が高まっています。これが、空気分離プラント市場を牽引する要因となっています。

抑制要因:製造、部品の組み立て、運用に伴う高コスト

空気分離プロセスの効率を高めるために、熱交換器と分離カラムを緊密に統合する必要があります。冷蔵のためのエネルギーはすべて、ユニットの入口で空気を圧縮することで得られます。空気分離の設計は、プロセス要件、経済性、安全性などの要因に影響されることがあります。エネルギー消費量の多さ、環境条件への敏感さ、不適切な部品の選択、メンテナンス性の悪さ、コストの高さ、製作の難しさなどが、プラントにおける主要な問題点となり、空気分離プラント市場の成長を制限する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]