電気ヒューズの市場規模、2026年に46億米ドル到達予測

電気ヒューズの市場規模は、2021年の35億米ドルからCAGR5.8%で成長し、2026年には46億米ドルに達すると予測されています。急速な都市化に伴う投資の増加や、建設業における電気ヒューズの需要の高さが、同市場の成長を促進する主な要因となっています。

COVID-19の電気ヒューズ市場への影響

COVID-19パンデミックの発生により、様々なエンドユース産業からの投資が停止し、電気ヒューズ市場の成長を鈍化させました。例えば、鉱業界では、日を追うごとに商品のサプライチェーンや需要がマイナスの影響を受けています。現在の市場シナリオでは、鉱業の回復には約2~3年はかかると予測されています。鉱山活動の鈍化に伴い、電気ヒューズの需要も減少しています。さらに、COVID-19の蔓延は、操業停止やサプライチェーンの混乱を引き起こし、電気ヒューズを製造している企業のビジネスにも悪影響を及ぼす可能性があります。

牽引要因:多様な産業の電化

産業界はエネルギー集約型であり、機械的な駆動装置、ボイラー、炉、暖房・換気・空調(HVAC)システムなどを作動させるために、大量の燃料と電力を必要とします。従来、ICエンジン、化石燃料を使用するボイラー、炉などは、電気以外のエネルギー源を使用していました。しかし、脱炭素社会への移行と安定した操業のために、産業界では電動化が進んでいます。この傾向は、欧州や北米などの先進地域で顕著で、各国政府はカーボンニュートラルな目標を積極的に推進しています。電化によって、企業はエネルギーコストや諸経費を削減しながら、持続可能性のある目標を達成することができます。

抑制要因:MCB、MCCB、リレーなどの代替品の需要急増

歴史的に見ても、電気ヒューズはエンドユーザー産業における回路保護機器の重要な一部でした。しかし、低電圧分野では、家庭用および商業用のエンドユーザーが、電気ヒューズからMCBやMCCBの利用へと大きくシフトしています。これは、MCBやMCCBの信頼性が高く、再利用可能かつ安全性が高く、高感度で、インターフェイスが優れており、手動での操作を必要としないためです。中電圧分野では、サーキットブレーカーと保護リレーが、より高い信頼性を持ち、自動化が可能なため、既存のインフラである電気ヒューズに取って代わりつつあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]