航空機搭載レーダーの市場規模、2025年に60億米ドル到達予測

航空機搭載レーダーの市場規模は、2020年の41億米ドルからCAGR8.0%で成長し、2025年には60億米ドルに達すると予測されています。航空機搭載レーダー市場の成長を促進する要因としては、意思決定プロセスをサポートするために、空中監視中に得ることが出来る正確な情報への注目が挙げられます。

COVID-19の航空機搭載レーダー市場への影響

航空機搭載レーダー市場の企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、その他の地域など、さまざまな国で事業を展開しています。COVID-19が欧州、米国、アジア太平洋地域で急速に普及したことにより、防衛関連予算が大幅に減少し、軍事的近代化プログラムへの関心が薄れました。その結果、世界的に航空機搭載レーダーの需要が減少し、それに伴い、レーダーを提供する企業の収益も減少しました。一方で、航空機搭載レーダーの需要は2022年までには完全に回復すると予想されています。

牽引要因:運用効率向上のためのフェーズドアレイレーダーの需要拡大

フェーズドアレイレーダーは、レーダー技術の革命と言えます。これは、多数の小型放射素子を搭載することで、地形を3Dで正確にマッピングすることができます。この特殊なアンテナは、レーダーの放射を高エネルギーのペンシルビームに集束することができ、アンテナ構造を物理的に動かさなくても、電子的に空間に誘導することができます。フェーズドアレイアンテナは、パラボラアンテナに比べて、レーダーシステムが特定の運用モードに応じて送受信ビームをスケジューリングできるという利点があります。フェーズドアレイアンテナは、パラボラアンテナに比べて、長距離探知用のロービーム、クラッター探知用のマルチパルスビーム、弾道ミサイル警戒用のハイビームなど、特定の運用モードに合わせて送受信ビームをスケジューリングできるというメリットがあります。また、悪天候の中でも有効に機能する長距離レーダーの需要が高まっていることは、フェーズドアレイレーダーの大きな推進要因の一つです。

抑制要因:高い開発・維持コスト

航空機用レーダーは、戦闘機、旅客機、爆撃機、訓練機、無人航空機など、現代の民間および軍用航空機の重要な構成要素です。しかし、その開発と国の防衛能力への統合には、高額な費用が必要です。航空機搭載レーダーは、ソフトウェア定義の無線や合成開口レーダーなどの様々な技術やハードウェアシステムを組み合わせて、マルチドメインプラットフォームとして機能させる必要があります。また、これらのシステムの開発、設置、保守には高額な費用がかかります。そのため、システムの開発に必要なコストと時間の両方が、この市場の成長を妨げる大きな要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]