医療用エンジニアードマテリアルの市場規模、2025年に291億米ドル到達見込み

医療用エンジニアードマテリアルの市場規模は、2020年の158億米ドルからCAGR13.0%で成長し、2025年には291億米ドルに達すると予測されています。同市場の需要拡大は、APAC(アジア太平洋地域)、中東・アフリカ、南米における医療投資の増加と高齢化の進展、医療施設の改善要求に牽引されています。

COVID-19が医療用エンジニアードマテリアル市場に与える影響

医療用エンジニアードマテリアルは、主にヘルスケア分野で医療機器や設備の製造に使用されます。また、使い捨て製品、高度な創傷ケア製品、ウェアラブル製品の製造にも使用されています。COVID-19の発生により、衛生面での懸念が高まり、PPEキット、手袋、マスク、ドレープなどの需要が増加しています。医療機関だけでなく、一般の人々からも、PPEキットやマスクの需要が高まっています。医師や看護師などの現場作業者の間で、手袋、医療用マスク、呼吸器、ゴーグル、フェイスシールド、ガウン、エプロンなどの物資が不足し、危険な状態に陥りました。企業は、医療従事者に必要な量のマスクやその他の必需品を提供するために活動しています。パンデミック時には、人工呼吸器、サーマルスキャナー、患者ケアシステム、関連機器などの医療機器の需要が早いペースで高まります。人工呼吸器は、このパンデミック対策に不可欠な機器であり、プラスチック、接着剤、エラストマーなどの原材料の迅速な供給、適切かつタイムリーな物流サポート、規制当局の承認が必要となります。サーマルスキャナーなどの診断機器やデバイスは、病状の診断やモニタリングのために設計された機器であり、病気の初期発生を診断するために必要とされています。

牽引要因:高齢者人口の増加に伴う医療技術や医療機器の需要

医療機器や装置は、診断、処置、手術など様々な用途に使用されます。医療用エンジニアードマテリアルは、これらの機器や装置の製造に使用されます。高齢化や新種の病気などの人口動態の変化が、医療機器に使用される人工材料の需要を押し上げています。世界的な高齢化社会の進展は、製品の設計や製造に大きな影響を与えています。

抑制要因:時間のかかる規制手続き

医療機器の価格に対する政府の統制、多様な規制、時間のかかる承認プロセスなどが、医療用エンジニアードマテリアル市場の抑制要因となっています。政府は、すべての人が医療施設を利用できるよう、医療施設のコストをコントロールしています。その結果、医療機器メーカーや原材料供給会社などの利益率は、コストの再構築とともに低下します。医療機器承認機関は、様々な方法で機器の安全性と性能を監視し、製品許可を出しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]