IIoTプラットフォームの市場規模、2026年に137億米ドル到達予測

IIoTプラットフォームの市場規模は、2020年の60億米ドルからCAGR14.8%で成長し、2026年には137億米ドルに達すると予測されています。IIoTプラットフォーム市場の成長を促進する主な要因としては、資産の集中監視や予知保全ニーズの高まり、産業界における自動化の需要の高まり、IoTデバイスの普及、費用対効果に優れたインテリジェントな接続デバイスやセンサーの増加、IoTに関連する研究開発活動に対する政府の取り組み、IPv6の登場などが挙げられます。

COVID-19のIIoTプラットフォームの市場に対する影響

COVID-19パンデミックでは、ヘルスケア、公益事業、製造業、輸送・物流など、さまざまな業種でIoTデバイスの導入が進みました。そのため、これらの産業分野では、IIoTプラットフォームの需要が高まっています。例えば、ヘルスケア分野では、遠隔患者モニタリング、遠隔診断などの遠隔医療ソリューションや、コネクテッド・アンビュランス、コネクテッド・ワーカーなどのソリューションを含むアプリケーション分野で、IIoTプラットフォームの利用が増加しています。COVID-19の感染者数の増加に伴い、患者や医療機関のスタッフの状況を改善するためのIoTベースのソリューションの需要が高まっています。さらに、COVID-19によるエネルギー産業への深刻な影響から、ビジネスリーダーたちは、インフラにおける現場作業員の手作業に代わるものとして、IIoTプラットフォームを考えるようになりました。企業は、遠隔監視、警告・通知、遠隔サービス・制御、予測分析・予防保守などのインテリジェント資産管理ソリューションを検討し始めています。これは過去のデータやリアルタイムのデータ分析を用いて潜在的な故障に対処するものです。

IIoTプラットフォームは、様々なデバイス、センサー、機械、ルーター、コントローラー、ゲートウェイ、エッジコンピューティングシステムを一元的に接続し、ビジネスプロセスを合理化し、業務効率を向上させます。IIoTプラットフォームは、テクノロジースイートとして消費される場合と、オープンな汎用アプリケーションプラットフォームとして消費される場合があり、また両方を併用する場合もあります。IIoTプラットフォームは、産業用資産とその運用環境に関連する安全性、セキュリティ、ミッションクリティカル性の要件をサポートするように設計されています。さらに、IoTエンドポイントとイベントストリームを監視し、さまざまなメーカーや業界独自のプロトコルをサポートします。さらに、IoTエッジやクラウド上のデータを分析します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]