レアアース金属の市場規模、2026年に96億米ドル到達予測

レアアース金属の市場規模は、2021年の53億米ドルからCAGR12.3%で成長し、2026年には96億米ドルに達すると予測されています。永久磁石用途に使用されるレアアースの使用量が増加していることが、レアアース金属市場を牽引すると考えられます。APAC(アジア太平洋地域)は、中国での生産と消費の増加により、レアアース金属市場が最も急速に成長しています。永久磁石の使用が多いことが、この地域のレアアース金属市場を牽引すると予想されます。

COVID-19のレアアース金属市場への影響

COVID-19パンデミックの初期段階には、レアアース金属業界は、政府による厳しいロックダウンにより、工場の閉鎖を余儀なくされました。ロックダウンが解除され、制限が緩和された後、レアアースメーカーは工場操業の再開を許されましたが、生産能力は制限され、規制の下での操業となりました。自動車、トラック、列車、航空機、産業用モーターや発電機、家電製品、消費財など、多くの機械に使われるレアアース対応部品は、レアアース磁石、合金、蛍光体、触媒なども含め、そのほとんどが中国や日本から調達されています。その流れが今、COVID-19パンデミックによって滞っています。この影響は米国や欧州の産業界にも波及しています。

牽引要因:最終用途産業からの需要の増加

レアアース金属は、その様々な特性から、幅広い産業分野で使用されています。これらの用途には、永久磁石、金属合金、蛍光体、触媒、研磨剤、ガラス添加剤などがあります。レアアース永久磁石は、今後5年から10年の間に最も重要な成長市場になると予想されています。永久磁石の用途で使用される主なレアアース元素は、ネオジム、プラセオジム、ジスプロシウム、テルビウム、イットリウムです。これらの金属は、残留磁束、高い保磁力など、長期間使用しても磁力が失われない特殊な性質を持っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]