クラッシュバリアシステムの市場規模、2026年に90億米ドル到達予測

クラッシュバリアシステムの市場規模は、2021年の76億米ドルからCAGR3.3%で成長し、2026年には90億米ドルに達すると予測されています。クラッシュバリアシステム市場の成長要因は、世界各地で建設業や自動車産業が成長していることです。

COVID-19のクラッシュバリアシステム市場への影響

クラッシュバリアシステムの世界市場には、Tata steel Europe(英国)、NV Bekaert S.A.(ベルギー)、Valmont Industries, Inc. (英国)、Trinity Industries Inc(米国)、Nucor Corporation(米国)などの主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが含まれます。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、その他の地域に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。これらの企業は、COVID-19パンデミックの期間中、需要の減少、サプライチェーンのボトルネック、従業員の安全を守るため、などの理由から、米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインで、生産の停止を発表しました。その結果、2021年にはクラッシュバリアシステムの需要が減少すると予想されます。メーカーは、ボトルネックを防ぐために生産を調整し、Tier Iメーカーの需要に応じて生産計画を立てると思われます。

牽引要因:建設業界と自動車業界の成長

クラッシュバリアシステム市場は、建設業界と自動車業界のパフォーマンスによって牽引されると予測されています。中間層の一人当たりの所得が増加したことで自動車の購買力が高まり、車両数が増え、新しい道路が作られるようになりました。また、発展途上国では農村部から都市部への人口移動が活発化しており、それに伴い建設部門の需要も高まっています。APAC(アジア太平洋地域)では、中国を筆頭に新規建設需要が最速で高まっています。また、インド、ブラジル、南アフリカ、米国、カナダ、ドイツ、イタリア、オーストラリアの自動車産業は、今後5年間で10%以上の成長が見込まれており、それに伴いクラッシュバリア製品の需要も高くなると予想されています。また、世界各地での商業用不動産の開発や交通インフラの整備が、市場成長を促進すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]