5G IoTの市場規模、2026年に402億米ドル達成予想

5G IoTの市場規模は、2021年の26億米ドルからCAGR73.0%で成長し、2026年には402億米ドルに達すると予想されています。5Gネットワークのスピード、大容量、超低遅延により、5GはIoTの拡大において最も強力なイネーブラになると予想されています。5Gネットワークは、多様な速度、帯域幅、サービス品質の要件を持つ膨大な数の静的およびモバイルIoTデバイスをサポートする機能を備えています。5Gネットワークの前例のないスピード、広い帯域幅、低遅延、大規模なスケーラビリティ、高い信頼性は、データ密度が高く、迅速な応答が求められるコンシューマー向けVR・AR、AI、自律走行車などのアプリケーションに適しており、これらの技術の迅速な導入を可能にします。早期の5Gサービスの開始が予想される国には、米国、中国、韓国、日本、英国、ドイツなどがあります。強力な4Gインフラを持つ国の導入が早まることが考えられます。IoTの迅速な接続プラットフォームを持つ国も、2020年第1四半期頃には、サービスを5Gに転換すると予想されます。

COVID-19の5G IoT市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、個人や企業など、社会のあらゆるセグメントに影響を与えています。この間、各国の電気通信部門は、デジタルインフラをサポートするために、重要な役割を果たしています。連邦政府、州政府、中央政府、地方政府、地方自治体のみならず、すべての組織や個人が社会の中で互いに連絡を取り合い、COVID-19に関する情報をリアルタイムに提供したり入手したりしています。現在、医療、通信、メディア・娯楽、公共事業、政府機関などが、個人に必要なサービスを提供するために日夜活動しています。

牽引要因:ワイヤレス技術の発展

IoTデバイスは多種多様な無線技術を用いて接続されており、これらの技術は異なるメリットやユースケースを提供しています。LPWAN、LoRaWAN(Long Range Wide Area Network)、5G、ワイヤレスセンサーネットワーク、IPv6(Internet Protocol version 6)の導入が進むことで、IoTデバイスの需要が増加し、今後2年間で無線技術の要件が高まると予想されます。大量に接続されたデバイス間でのデータ交換速度の向上に伴い、容量の増加、高データレート、高接続性を提供する必要性も高まっています。このように、5G無線ネットワークは、ネットワークエッジでの低遅延ユースケースをサポートすることで、通信サービスプロバイダー(CSP)や企業がモバイルデバイスやIoTデバイス、データセンター、パブリックまたはプライベートクラウドプラットフォームを接続することを可能にします。マッシブマシンタイプの通信やミッションクリティカルなアプリケーションに分類される新興のIoTアプリケーションのこれらの要件をサポートするために、Long-Term Evolution(LTE)から5Gへの進化が加速することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]