エッセンシャルオイルの市場規模、2026年に160億米ドル到達予測

エッセンシャルオイルの市場規模は、2021年の103億米ドルからCAGR9.3%で成長し、2026年には160億米ドルに達すると予測されています。予防医療への意識の高まり、生活水準の向上、共働き世帯の増加、アロマテラピー需要の増加などが、市場の成長を促進する要因となっています。 

COVID-19のエッセンシャルオイル市場への影響

パンデミックの影響で、食品・飲料メーカーは消費者のウイルス感染予防の必要性に関心を持つようになりました。ウイルス感染は、個人の成長、腸の健康、パフォーマンスに悪影響を及ぼします。エッセンシャルオイル(精油)とは、香りやフレーバーのために抽出された高濃度のオイルのことです。植物の葉、茎、花、樹皮、根などから抽出される揮発性の芳香族化合物です。抗酸化作用、抗菌作用、抗感染症作用などがあり、健康維持に役立つとされています。オレンジオイル、ライムオイル、レモンオイル、ラベンダーオイル、ローズマリーオイル、ゼラニウムオイル、シトロネラオイルなどのエッセンシャルオイルは、食品・飲料、化粧品・トイレタリー、ホームケア、アロマテラピー、ヘルスケア、飼料などの様々な産業で重要な役割を果たしており、睡眠障害、ストレス、うつ病、免疫疾患などの症状を改善する高品質なエッセンシャルオイルになります。このように、パンデミックは市場全体の成長にプラスの影響を与えます。様々な地域でロックダウンが解除後に、高品質な食品・飲料、化粧品・トイレタリー、ホームケア、アロマセラピー、ヘルスケア、飼料製品の消費が増加し、世界的に市場が拡大しています。 

牽引要因:アロマテラピーの需要増加

エッセンシャルオイルは、体内の生理的および心理的活動に同時に影響を与えるため、主に癒しや美容の目的で、アロマセラピーに使用されています。最近まで、アロマテラピーは補完的な療法と考えられていましたが、現在では主流の療法となっています。アロマテラピーの需要増加にはいくつかの要因がありますが、その中でも最も重要なのは、過去10年間の平均所得の増加です。この収入の増加に伴い、消費者の嗜好もより洗練された製品を好むようになりました。国際スパ協会(ISPA)によると、スパの利用者数は年々増加しています。2019年米国スパ産業調査によると、スパ産業は主要な業績指標において軒並み増加を目撃しました。スパ業界は2018年、総売上高、スパ訪問数、スパロケーション、訪問あたりの売上高、総従業員数で再び記録を更新しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]