プラスチック射出成形機の市場規模、2025年に106億米ドル到達予測

プラスチック射出成形機の市場規模は、2020年の89億米ドルからCAGR2.74%で成長し、2025年には106億米ドルに達すると予測されています。自動車、消費財、パッケージ、ヘルスケア、電気・電子製品など、エンドユース産業におけるプラスチック射出成形機の需要の高まりによって市場は牽引されています。APAC(アジア太平洋地域)はプラスチック射出成形機の主要な地域であり、欧州と北米がこれに続きます。

COVID-19のプラスチック射出成形機市場への影響

APACは、プラスチック射出成形機の最大の市場です。COVID-19の状況下でマイナスの影響を受けた同地域は、転じて、プラスチック射出成形機市場にチャンスの道を開いています。近年、仮設病院や医療機関では、様々な医療機器を製造するためにプラスチック射出成形機の需要が高まっています。また、COVID-19の影響で、ヘルスケア産業が注目されています。COVID-19感染者の爆発的な増加により、注射器、空調システム、その他の医療器具などの需要が急激に増加しました。インドや中国などの国々が製造拠点となり、世界中のプラスチック射出成形機器の需要を満たしています。

牽引要因:省エネルギーに対する意識の高まり

世界的に省エネルギーに対する意識が高まっています。これにより、全電動式射出成形機の需要が高まっています。全電動式射出成形機は、プラスチック射出成形機の中で最も高度な機器です。省エネ、高精度、再利用性が高く、洗浄用のオイルを必要としない低メンテナンス性、高速性など、さまざまなメリットがあります。全電動式射出成形機は、効率性、信頼性、コスト削減、サイクルタイムの短縮、再利用性などの面で、油圧式射出成形機を凌駕しています。従来の油圧式成形機と比較して、最大70%のエネルギーを節約できます。また、デジタル制御システムを採用しています。その結果、全電動式射出成形機の様々なコンポーネントは機械的に制御されています。消費電力が少ないため、ランニングコストが大幅に削減でき、液漏れやミストの発生がないため、材料や表面が汚れる可能性が低くなります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]