認証・ブランド保護の市場規模、2026年に37億米ドル到達予測

認証・ブランド保護の市場規模は、2021年の25億米ドルからCAGR8.3%で成長し、2026年には37億米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、製品やブランドの完全性を守ることへの関心の高まりと、各国政府が施行している厳格な偽造防止法や規制に牽引されています。APAC(アジア太平洋地域)では、経済成長と製造業の拡大が、認証とブランド保護の需要に大きな影響を与えています。

COVID-19が認証・ブランド保護市場に与える影響

2020年、COVID-19は認証・ブランド保護市場にマイナスの影響を与え、市場に関連した収益が減少しました。その結果、2020年前半には市場の成長トレンドが低下しました。2020年後半には、認証およびブランド保護への関心の高まりから需要の増加が見込まれ、市場が回復することが予想されます。

COVID-19パンデミックは、市場のバリューチェーンに大きな影響を与えています。パンデミックの悪影響を受けている米国、中国、インド、韓国、日本は、世界の認証およびブランド保護において大きなシェアを占めています。電子機器、自動車、高級品、化粧品などの分野では、世界的な景気後退と購買力の低下により、短期的には需要の低下が続くと予想されます。

牽引要因:製品とブランドの完全性を守ることへの関心の高まり

ブランディングは、企業が市場での地位を維持するための重要な要素の一つです。企業はブランドイメージの構築に多額の費用をかけますが、偽造する側はブランドアイデンティティを簡単に利用して偽造品を販売します。ブランド名、ロゴ、スローガンなどの無形のブランド資産は、著作権や商標登録によって保護されていますが、企業が市場でのイメージを維持するための最も貴重な資産である現物製品の保護には苦労しています。偽造品は、企業のイメージや売上に影響を与え、本物のブランドの評判を落とし、ビジネスパートナーとの長期的な信頼関係を損ないます。製品の偽造に関する懸念がますます高まる中、企業は自社のブランドの完全性を守ることにますます注力するようになっています。企業は、バーコード、RFID、ホログラム、タンパーエビデントシールやテープなどの認証技術を利用しています。そのため、小売業者、流通業者、エンドユーザーは、企業が提供する説明書によって製品の信頼性を確認することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]