精密水産養殖の市場規模、2026年に7億9400万米ドル到達予測

精密水産養殖の市場規模は、2021年の4億700万米ドルからCAGR14.3%で成長し、2026年には7億9400万米ドルに達すると予測されています。精密水産養殖は、従来の養殖活動をより効率的かつ経済的に利用する技術です。精密水産養殖市場の成長は、技術研究や製品改革への投資の増加、養殖場のリアルタイムモニタリングのためのIoT、ROV、AIなどの先進技術の導入、タンパク質が豊富なアクアフードの需要の増加、各国政府による養殖のインフラ整備への支援などの要因によってもたらされています。

COVID-19の精密水産養殖市場への影響

精密水産養殖市場の企業は、アジア太平洋地域、欧州、北米など、様々な国に製造施設やオフィスを持っています。これらの企業が製造する精密水産養殖製品は、様々な用途で複数のステークホルダーに購入されています。COVID-19は、様々なメーカーの経営に影響を与えただけでなく、そのサプライヤーや流通業者、顧客のビジネスにも影響を与えました。また、精密水産養殖の国内需要の低迷も、短期的に精密水産養殖の需要にマイナスの影響を与えると予想されます。

牽引要因:IoT、ROV、AIなど先端技術による養殖場のリアルタイムモニタリング

近年、養殖業界では、養殖ツールや技術、テクノロジーが飛躍的に進歩しています。世界的な人口の増加に伴い、タンパク質を中心とした食事を摂取するようになったことで、IoT(Internet of Things)、機械学習、ROV(Remote-Operated Vehicle)、AI(Artificial Intelligence)、自動給餌器、音響テレメトリー追跡システムなどの最先端技術が、養殖場で採用されるようになりました。これらの技術を使用することで、生産量の増加、生産効率の向上、資源の節約、確かな作業工程、精度、再現性の向上に貢献し、養殖業者に高い収益をもたらします。魅力的な市場機会を求めて、テクノロジー志向のスタートアップ企業が精密水産養殖市場に参入するケースが増えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]