スマートサーモスタットの市場規模、2026年に64億米ドル到達予測

スマートサーモスタットの市場規模は、2021年の25億米ドルからCAGR20.8%で成長し、2026年には64億米ドルに達すると予測されています。スマートサーモスタット市場の成長は、COVID-19の状況下でのスマートホームの導入の増加、IoT対応HVACシステムの出現、建物のエネルギー効率の向上に関連する政府規制、スマートホーム音声アシスタントの導入の急増などに起因しています。

COVID-19がスマートサーモスタット市場に与える影響

2020年、COVID-19はスマートサーモスタット市場にマイナスの影響を与え、その結果、スマートサーモスタットの出荷数とそこから得られる収益が減少しました。2020年前期には市場の成長トレンドに落ち込みが見られました。しかし、後期には、エネルギー効率への関心の高まりから需要の増加が見込まれ、市場の回復が予想されます。このパンデミックは、スマートサーモスタット市場のバリューチェーンに大きな影響を与えています。米国、中国、韓国、日本は、世界のスマートサーモスタット製造の中で大きなシェアを占めています。商業施設や工業施設では、世界的な景気後退の影響を受けて需要が減少していますが、これは短期的なものと考えられます。

牽引要因:COVID-19の状況下でのスマートホームの導入の増加

スマートサーモスタットは、スマートホームにおいて、温度や湿度を制御したり、新鮮な空気を取り入れるために使用され、スマートホーム内の空気の質を保つのに役立ちます。さらに、システムのパフォーマンスを監視し、ローカルまたはリモートの場所からアラームに対応することができます。スマートサーモスタットを利用することで、HVACシステムのエネルギー消費量を大幅に最適化することができます。スマートサーモスタットは、無線通信、インターネット接続、ハンドヘルドデバイス、クラウドコンピューティングを利用して、エネルギーを節約し、コストを削減するとともに、HVACシステムの動作を制御します。テクノロジーの継続的な発展と様々なデバイスの急速な革新により、スマートホームでのスマートサーモスタットの使用に対する関心が高まっています。接続された家、自動化されたシステム、新しい技術は、人々が家で過ごすために不可欠なものとなっています。

抑制要因:スマートサーモスタットの高い製造コストと設置コスト

制御システムのアップグレードや革新的なスマートサーモスタットの開発には、高い投資が必要です。そのため、中小企業がスマートサーモスタット市場に参入することは困難です。HVAC業界は、急激な成長を遂げると考えられています。スマートサーモスタットを組み込んだHVACシステムでは、効率的な動作と故障の排除のために、設置時の微調整や部品のカスタム製造が必要となります。そのため、スマートサーモスタットとHVAC機器を統合するための適切な設置には、熟練した専門家が必要です。このことも、システム設置のコストに加算されます

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]