モバイル・無線バックホールの市場規模、2026年に155億米ドル到達予測

モバイル・無線バックホールの市場規模は、2020年の93億米ドルからCAGR8.8%で成長し、2026年には155億米ドルに達すると予測されています。モバイル加入者数の増加、スモールセルの導入拡大、4Gおよび5Gの成功、総所有コストの低減ニーズなどが、市場の成長を促進する主な要因になると予想されます。

COVID-19がモバイル・無線バックホール市場に与える影響

COVID-19の発生により、ウイルスの拡散を避けるために、各国で厳しいロックダウンや移動制限が行われています。国境の閉鎖、サプライチェーンの問題は、モバイルおよび無線バックホール機器のオンサイト展開を制限する要因となっています。 また、パンデミックにより、世界各地でビジネスの効率性や従業員の生産性が損なわれています。通信事業者や企業は、運用コストを削減し、事業の継続性や持続可能性を重視するようになりました。パンデミックの間、モバイルデータの利用が増加したため、モバイル・無線バックホールの需要が大幅に増加しました。パンデミック終息後も市場は成長すると予想されています。

牽引要因:モバイル加入者数の増加

スマートフォンの普及と接続性の向上により、モバイルインターネットユーザーは急速に増加しています。インターネットへの接続性が向上したことで、モバイルデータトラフィックも増加しています。モバイルデータトラヒックの増加に伴い、ネットワーク容量に対する需要が非常に高まっています。このような大容量のニーズを満たし、高品質のサービスを提供するために、携帯電話会社はデータ転送技術のアップグレードを余儀なくされています。これにより、モバイル・無線バックホール市場のベンダーは、自社の製品を強化する必要性に迫られています。同市場は、広帯域の需要によって広く牽引されています。

抑制要因:スペクトラムの逼迫

ネットワークが貧弱で、混雑の激しい場所では、無料のスペクトルが利用できず、バックホールや電力も容易に利用できません。無線バックホールは、この問題に対する潜在的な解決策の一つですが、スモールセルを適切に展開するためには、ユニットサイズの縮小とスループットテストが必要です。モバイルおよび無線バックホールの需要は急速に増加していますが、対応する容量の増加は見られません。需要の高さがスペクトルの利用可能性に影響を与えており、容量不足が生じています。ネットワーク事業者は、限られたスペクトラムを最大限に活用するために、費用対効果の高い代替手段を考え出す必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]