感情検出・認識の市場規模、2026年に371億米ドル到達予測

感情検出・認識の市場規模は、2020年の195億米ドルからCAGR11.3%で成長し、2026年には371億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因としては、感情を分析するための音声ベースの感情検出システムのニーズの高まり、世界的なIoT、AI、ML、深層学習技術の採用、自動車用AI産業での需要の高まり、高いオペレーションエクセレンスへのニーズ、社会的に知的な人工エージェントへのニーズの高まりなどが挙げられます。

COVID-19の感情検出・認識市場への影響

COVID-19パンデミック危機の中、様々な政府や規制当局は、官民双方の組織に対し、リモートでの作業やソーシャルディスタンスの確保など、新しい手法を取り入れることを義務付けました。それ以来、デジタルな方法でビジネスを行うことが、さまざまな組織の新しい事業継続計画(BCP)となりました。まず、COVID-19の期間中、セキュリティと公共の安全のため、AIの技術的進歩に関する政府の取り組みが増加しました。また、遠隔医療システムの需要増加により、アフェクティブコンピューティング技術導入の需要が高まりました。さらに、タッチレスID認証システムの登場により、感情コンピューティングテクノロジーの採用が高まりました。

牽引要因:音声認識システムの精度向上

近年の音声認識システムの精度向上により、一般消費者や企業向けの音声認識技術の市場は急速に発展しています。音声認識は、コールセンターなどの様々なアプリケーション分野で使用されており、声のトーンに応じて通話を分類したり、トーンのピッチに基づいて顧客の感情を分析したりしています。音声・スピーチ認識のリーディングカンパニーであるBeyond Verbal社は、受動的、連続的、非侵襲的、費用対効果に優れているなどの特徴を生かして、音声のイントネーションを声帯バイオマーカーに変換します。音声スペクトルの助けを借りて、自閉症や感情コントロールの異常が診断された子供たちの治療が行われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]