自動車用ハイパーバイザーの市場規模、2026年に7億400万米ドル到達予測

自動車用ハイパーバイザーの市場規模は、2021年の1億3400万米ドルからCAGR 39.3%で成長し、2026年には7億400万米ドルに達すると予測されています。ハイパーバイザーは、自動車業界の車載インフォテインメントアプリケーションに広く採用されている組み込み技術で、ホストシステム上でOS(Operating System)を介して複数の仮想マシンを実行できるハードウェア仮想化技術のことです。自動車のあらゆる部門で先進的な機能に対する需要が増加していることから、OEMメーカーは収益源を拡大し、地理的なプレゼンスを高める機会を得ることができます。アジア太平洋地域の市場は、中国、日本、韓国、インドなどでハイパーバイザー技術の需要が高いことから、最も急速な成長が見込まれています。一方、欧州や北米の市場は、コネクテッド機能の増加に伴う高級車の需要が増加していることに牽引されています。

COVID-19が自動車用ハイパーバイザー市場に与える影響

COVID-19のパンデミックにより、多くの国で2ヶ月以上に渡って完全なロックダウンが行われ、その結果、自動車の生産にも影響が出ました。世界各地の製造拠点が閉鎖され、自動車の販売にも大きな影響が出ました。しかし、大多数の自動車メーカーは、必要な予防措置を講じることで、限定的に車両生産を再開しました。自動車メーカーの多くは大きな損失を計上しませんでしたが、いくつかの自動車メーカーは多大な影響を受けました。2019年から2020年にかけて、世界各国で自動車の販売台数が大幅に減少し、ハイパーバイザー市場の成長に影響を与えています。さらに、英国で発生したパンデミック第2波は、自動車の販売にさらなる影響を与え、ハイパーバイザー市場の成長にも影響を与えると予想されます。パンデミック発生後の数ヶ月間、乗用車の世界販売台数は17.3%程度減少しましたが、その後、高級車部門の販売は回復しています。

牽引要因:自動車用アプリケーションの統合による集約的機能

ハイパーバイザー技術は、自律走行車やモビリティサービスの進化において重要な役割を果たします。ADASはすでに堅牢なシステムであることが証明されており、今後も改良を重ねながらアップグレードされていきます。V2V、V2I機能の普及率の上昇により、ハイパーバイザー市場の需要が高まることが予想されます。多くの企業が自律・半自律型技術の開発に大きな投資を行っています。例えば、Teslaも、完全な自動運転機能を備えたハードウェアを搭載したModel 3などの車両の生産を開始しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]