パイロメーターの市場規模、2025年に4億6400万米ドル到達予測

パイロメーターの市場規模は、2020年の3億2700万米ドルからCAGR7.3%で成長し、2025年には4億6400万米ドルに達すると予測されています。市場の成長を牽引している主な要因としては、非接触温度計測の需要の高まり、エンドユーザー産業における堅牢な温度計測機器の重視、インダストリー4.0によるパイロメーターの需要、アプリケーションに特化したパイロメーターの人気などが挙げられます。

COVID-19のパイロメーター市場への影響

COVID-19パンデミックは、パイロメーター市場にマイナスの影響を与えています。パイロメーターのバリューチェーンの、OEM、サプライヤー、エンドユーザー、ディストリビュータなど、さまざまな段階の業界専門家からの情報や、パイロメーターのエコシステムに属する企業の2020年の財務リリースを参照した結果、2019年から2020年にかけて、同市場は4%から6%の減少が見込まれると推定されています。一方、固定式パイロメーター市場は、2020年から2025年にかけて高いCAGRで成長すると予想されています。これは、過酷な環境で使用が可能な、高精度温度測定の需要が増加していることに牽引されています。また、多くの産業のデジタル化や自動化の進展に伴い、温度計測機器の需要が急増しており、固定式パイロメーターの需要拡大にプラスの影響を与えています。

赤外線パイロメーターは、予測期間中、最大シェアを占める

赤外線パイロメーターは、高速でデータを取得することが可能なため、ガラスの温度測定、薄いプラスチックフィルムの測定、炎の中の測定など、幅広い産業分野で使用されています。赤外線パイロメーターは、携帯型から統合型のプロセスコントロールシステムまで、さまざまなデザインで採用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]