ベータグルカンの市場規模、2026年に6億2830万米ドル到達予測

ベータグルカンの市場規模は、2020年の4億380万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2026年には6億2830万米ドルに達すると予測されています。体に悪影響を及ぼさない、より健康的な代替品への需要の高まりと、健康的な食材への消費者の嗜好の変化が、ベータグルカンの需要と市場の成長を促進すると考えられます。

COVID-19によるベータグルカン市場への影響

COVID-19パンデミックが広がり続ける中、食品加工業界とその従業員の健康と安全性が重視されています。世界的に見て最も成熟したセクターである食品加工業界は、長い間、多くの環境的・社会的要因の恩恵を受けてきました。近年、環境への影響を真の食品コストに組み入れる動きが顕著になってきています。しかし、今回のパンデミックでは、社会的要因が重要な検討事項として浮上しています。消費者や規制当局を含むサプライチェーンの利害関係者が変化を求めている中、食品・飲料企業の持続可能性と財務的成功は、この期待を管理し対処できるかどうかにかかっています。

牽引要因:消費者の健康意識の高まりと健康支出の増加

加工食品から健康食品、機能性食品、スーパーフードへの需要の変化に伴い、消費者は自分の健康に対する意識を高め、健康的な生活を通して積極的に健康を維持するようになっています。消費者は食品の成分をより意識するようになり、食品の栄養表示や成分に注意を払うようになりました。このような購買習慣の変化により、健康食品やサプリメントの需要が高まり、機能性があり、遺伝子組み換えではなく、天然由来の新しい食品が提供されるようになりました。健康やウェルネスに対する意識や関心の高まりに伴い、多機能性ベータグルカンの需要は今後数年間で増加すると予想されます。

また、メーカーは製品を再設計し、食品中のコレステロール、糖分、脂肪(トランス脂肪酸、飽和脂肪酸)、ナトリウムの含有量を減らしています。同時に、人工的な成分を控え、機能的な利点をもたらすタンパク質や繊維などを多く含む製品を導入しています。このような動きは、北米や欧州の主要国における一人当たりの支出の増加をもたらし、人々が健康と福祉をより多く望んでいることを示しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]