スマートカードの市場規模、2026年には169億米ドルに到達予測

スマートカードの市場規模は、2021年の139億米ドルからCAGR4.0%で成長し、2026年には169億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因は、COVID-19の間の、非接触カード(タップ&ペイ)決済の需要の急増、ヘルスケア、運輸、BFSIの各分野でのスマートカードの普及、アクセスコントロールや個人認証アプリケーションでのスマートカードの普及、電子政府サービスへの容易なアクセスとオンラインショッピングやバンキングの需要の増加などが挙げられます。

COVID-19のスマートカード市場への影響

世界各国はCOVID-19パンデミックによる経済危機に直面しています。このパンデミックは、教育、行政、交通などの様々な分野に深刻な影響を与えています。製造業では、労働力や原材料の確保が困難になり、操業停止に陥っています。そのため、需要と供給に大きなギャップが生じています。一方で、より安全なライフスタイルへの関心や、衛生関連への注目が高まることが予想され、医療やBFSIからの需要の増加が、今後のスマートカード市場を牽引していくと考えられます。

牽引要因:COVID-19状況下の非接触型決済の需要の急増

タップ&ペイカードの消費者の利用は、パンデミック以前から上昇傾向にありました。しかし、COVID-19の発生と普及により、非接触型決済の利用が急速に拡大しました。制限付きの接触とソーシャルディスタンスの確保が義務付けられたことで、人々は非接触型の決済手段を使って食料品や日用品などを購入しています。人々は非接触型カードを最速かつ最も安全な支払い方法と考えています。この認識は、2019年以降拡大しています。

抑制要因:高いインフラコスト、およびセキュリティとデータ盗難の懸念

スマートカードのコストが市場の成長を抑制する要因の一つとなっています。入退室管理などのアプリケーションにスマートカードを採用するためには、初期の設備投資が必要となります。スマートカードは、物理的または論理的なアクセスを提供するために、暗号を読み取って情報を得るためのリーダーを必要とします。これらのリーダーの導入には、追加の費用がかかります。スマートカードリーダーの平均価格は、50米ドルから300米ドルです。スマートカードのコストは、2米ドルから10米ドルです。これらのカードのコストは、大容量で高度な機能を備えたチップを使用するほど高くなります。そのため、多機能なスマートカードを従業員が利用するには、従来のカードに比べてより高額な初期投資が必要になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]