化粧品用酸化防止剤の市場規模、2025年に1億5800万米ドル到達予測

化粧品用酸化防止剤の市場規模は、2020年の1億1900万米ドルからCAGR5.9%で成長し、2025年には1億5800万米ドルに達すると予測されています。化粧品用酸化防止剤は、化粧品の保存性を高め、人間の細胞をダメージから守るため化粧品に使用される成分です。スキンケア、ヘアケア、メイクアップなど様々な化粧品に使用される天然および化学由来の酸化防止剤があります。これらの酸化防止剤は、アンチエイジング、抗炎症、紫外線防止、保湿、ヘアコンディショニングなど、多くの製品に使用されています。ビタミンA、ビタミンE、ブチル化ヒドロキシトルエン(BHT)、ブチル化ヒドロキシアニソール(BHA)などが、主な抗酸化物質です。老化は自然な現象です。しかし、抗酸化物質を摂取することで、老化のプロセスを遅らせることができます。高齢化社会は、化粧品消費の最大の牽引要因です。世界中で高齢化が進んでいるため、アンチエイジング効果のあるスキンケア製品の需要が高まっています。

COVID-19の化粧品用酸化防止剤市場への影響

COVID-19は、ロックダウンと消費者需要の減少により、2020年の第1~2四半期の化粧品ビジネスにマイナスの影響を与えました。消費者が家にいることが多いため、ヘアケアや化粧品の使用量は減少していますが、高額な美容製品の使用量は増加しています。

化粧品の原料を製造している企業の多くは、使用感を重視した弾力性のある美容製品に注目しています。その革新的な技術の多くは、天然由来のものです。基本的に、顧客はハーブなどの、天然の製品を好む傾向があります。

拡大するオンライン購入

COVID-19パンデミックにより、消費者は行動パターンを、オフラインからオンラインへと変化させました。オンライン化粧品会社による行動リターゲティング戦術は、新たな顧客層を獲得しています。パンデミック終息直後、顧客は化粧品店に行き、以前のように無料体験をすることを恐れています。そのため、製品をオンラインで購入することに安心感を持っています。一部の化粧品小売店では、COVID-19パンデミックにより2020年初頭に店舗の閉鎖を余儀なくされました。その後、顧客が安心して商品を購入できるよう、オンラインで、店舗を再開しました。オンライン機能の中には、インタラクティブな製品マッチングツール、拡張現実、オンラインクイズ、バーチャルコンサルテーションなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]