走行車両重量計測の市場規模、2027年に17億3000万米ドル到達予測

走行車両重量計測の市場規模は、2020年の8億5800万米ドルからCAGR10.5%で成長し、2027年には17億3000万米ドルに達すると予測されています。WIM(Weigh-in-Motion)システムとは、車両が走行中に、車両重量、車両速度、車両長、車両クラス、車軸数と車軸あたりの重量などのデータを取得・記録するシステムです。WIMシステムは、従来の静的な重量計に比べて、操作時間、メンテナンス、コストの削減に役立つなど、さまざまなメリットがあります。また、車両重量を測定するために車両を停車させたり、静止させたりする必要がなく、スムーズな交通の流れを実現します。WIMシステムは、高度道路交通システム(ITS)のための効果的なツールとして発展してきました。WIMシステムでは、車線番号、タイムスタンプ、速度、車軸荷重、車軸間隔、車両タイプなどの交通情報を個別に記録します。この詳細な交通情報は、舗装の分析・設計、重量超過の取締り、交通データの分析・報告、貨物の見積もり、交通モニタリングなど、幅広い用途に使用されています。

COVID-19のWIMシステム市場への影響

WIMシステムの需要は、高速道路料金、石油・精製、物流などのエンドユース産業の成長に依存しています。COVID-19は、2020年のエンドユース産業に影響を与え、世界中で収入源を大幅に減少させました。旅行規制やマクロ経済環境が弱まった結果、欧州の道路交通量は2020年に15%~25%減少しました。エンドユース産業の収益源の減少が、WIMシステムの市場成長の妨げになっています。一方、ワクチンの導入、ロックダウンの緩和、経済・社会活動の再開に支えられた交通量の増加が、市場を牽引すると予想されます。

牽引要因:交通渋滞の増加がWIMシステム市場の成長を促進

自動車販売台数の増加に伴い、料金所を中心とした交通渋滞が大きな問題となっています。今後、WIMシステムは、取締りや監視だけでなく、渋滞の原因となる要因を予測するためにも採用される事が予測されます。WIMシステムは、交通量予測ソリューション、分析・意思決定支援、アドバイザリーサービス、旅行者情報システム、発券、料金徴収システムなどを提供することができます。また、路上のセンサー、無線タグ、全地球測位システムなどの最新のツールも、交通の監視・管理に役立っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]