スマートシェルフの市場規模、2026年に71億米ドル到達予測

スマートシェルフの市場規模は、2020年の18億米ドルからCAGR25.1%で成長し、2026年には71億米ドルに達すると予測されています。スマートシェルフ市場を活性化させている主な要因としては、小売店が在庫管理を強化して、よりスマートな補充判断やリアルタイムエンゲージメントを目指していることや、自動化やインテリジェンスソリューションを利用することで、優れたショッピング体験を顧客に提供しようとしていることなどが挙げられます。しかし、内蔵されたデータタグに関連するプライバシーへの懸念は、今後の市場成長の抑制要因となっています。

スマートシェルフは、RFID技術を使用して、小売店の在庫を自動的に追跡するものです。スマートシェルフは、棚の中や下に設置された重量センサーを使用して、棚に置かれている在庫の量を追跡することができます。近年、多くの小売業者は、より良い顧客体験を提供するために、顧客中心のアプローチに焦点を当てています。このため、顧客データが大量に必要となり、パーソナライズされた顧客体験を提供するために、このデータは活用されます。また、センサー技術の統合が進んだことで、大量のデータを利用した顧客行動の分析も行われています。スマートシェルフ市場の高い成長は、センサーコストの削減によるものです。このコスト削減により、発展途上国でのIoT技術の採用が可能になります。

牽引要因:徹底した在庫管理による補充判断とリアルタイムエンゲージメントの採用

強化された在庫管理とデジタルシェルフは、小売業者に新たな可視性とコントロールを提供します。また、スマートシェルフは、店舗内の在庫レベルを把握するのに役立ち、小売業者は在庫管理を強化することで、よりスマートな補充判断を行うことができます。スマートシェルフ技術は、顧客が目的の商品を見つけられない場合に発生する売上損失のリスクを最小限に抑えます。同時に、在庫状況の自動追跡を可能にし、商品が不足したり、別の場所に置き忘れたりした場合、即座に管理者に通知することで、盗難や無駄を防ぐことができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]