EV検査装置の市場規模、2026年に1億500万米ドル到達予測

EV検査装置の市場規模は、2021年の4200万米ドルからCAGR20.1%で成長し、2026年には1億500万米ドルに達すると予測されています。公害や地球温暖化の脅威などから、化石燃料車を排ガスのない代替品に置き換える必要性が強調されています。電気自動車の需要増加は、EV検査装置市場の成長を促進すると期待されています。

何十年にもわたる研究開発の結果、業界は電気自動車が従来の化石燃料車に代わる最適な代替品であることを発見し、このことが、市場の成長につながっています。各国政府は、原油消費量、排出ガス、大気汚染を削減するために、電気自動車の使用を促進する政策を実施しています。

COVID-19によるEV検査装置市場への影響

COVID-19のパンデミックにより、各国は2ヶ月以上にわたって完全なロックダウンを実施し、その結果、自動車の生産にも影響を与えました。世界各地の製造拠点が閉鎖され、自動車の販売にも大きな影響が出ました。大半の自動車メーカーは、限定的に生産を再開し、パンデミックのさらなる拡大を防ぐために必要な措置を講じています。しかし、パンデミックの間、電気自動車の販売が大きく伸びていたため、この市場はCOVID-19の影響をほとんど受けていません。

牽引要因:EVおよび半自律・自律走行車の販売増加

電池駆動の自動車やハイブリッド車の需要の高まりは、市場の成長に直結すると考えられます。EV検査装置には、バッテリー試験、Eドライブ試験、パワーエレクトロニクス試験システム、ダイナモメーター、モーター試験、充電器試験システムなどが含まれます。2021年の時点で、OEMは、高度な充電ステーションとともに、さまざまなバッテリーパックや車両の電子部品を電気自動車に組み込んでおり、市場の成長を後押ししています。

抑制要因:先端技術を用いた試験装置のコスト高

従来のICE車用の検査装置・システムは、全体的な価格レベルが低下しています。一方、電気自動車やハイブリッド車用の試験装置などの新技術は、従来の試験システムに比べて高額になります。このコスト高は、EV検査装置メーカーの研究開発への投資を抑制する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]